コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホウチャクソウ

2件 の用語解説(ホウチャクソウの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ホウチャクソウ

北海道〜九州,東アジアの丘などの林地にはえるユリ科の多年草。茎は斜上し高さ30〜60cm,ときに1〜2回分枝する。葉は数個つき,長楕円形で長さ10cm内外。春,枝先に長さ3cm内外の筒形の花を1〜3個下垂してつける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホウチャクソウ
ほうちゃくそう / 宝鐸草
[学]Disporum sessile Don

ユリ科の多年草。茎は分枝し、高さ30~50センチメートル。同属のチゴユリによく似ているが、より大形である。花は筒形で、長さ2~3センチメートル。花被片(かひへん)は6枚で、斜開しない。名は、花のつく形を宝鐸(ほうちゃく)(堂塔の四方の軒に吊(つ)るす大形の風鈴)に見立てたもの。林内や藪(やぶ)など陰地に生え、日本、および樺太(からふと)(サハリン)、朝鮮半島に分布する。[清水建美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のホウチャクソウの言及

【チゴユリ】より

… チゴユリ属Disporumは北アメリカと東アジア,東南アジアに隔離分布し,約20種がある。日本にはチゴユリのほかに,日本全土に広く分布するホウチャクソウD.sessile D.Donなど4種がある。チゴユリ属の花には,ホウチャクソウのように花被片が筒状に集まる種と,チゴユリのように花被片が平開する種がある。…

※「ホウチャクソウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ホウチャクソウの関連キーワードウグイ東アジアヨモギ小アジア東亜アジアダラーアジアンポップス東アジア首脳会議オニユリエヒメアヤメ

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone