コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホリガー Holliger, Heinz

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホリガー
Holliger, Heinz

[生]1939.5.21. ランゲンタール
スイスのオーボエ奏者,作曲家。ベルン音楽院を経て,バーゼル音楽院で P.ブーレーズに作曲を,パリ国立音楽院で P.ピエルロにオーボエ,Y.ルフェビュールにピアノを学ぶ。 1959年ジュネーブ,61年ミュンヘンの国際音楽コンクールにオーボエで1位入賞。以後独奏者として活躍するかたわら,ドイツのフライブルク音楽学校で教えている。現代最高の技術をもつオーボエ奏者で,K.ペンデレツキ,H.ヘンツェ,K.シュトックハウゼン,E.クシェネック,L.ベリオ,A.ジョリベら多数の現代作曲家が作品を捧げている。作曲家としてもすぐれ,『オーボエ,ビオラ,ハープのためのトリオ』 (1968) ほかの作品がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ホリガー

スイスの作曲家,オーボエ奏者,指揮者。ベルンの北東ランゲンタール生れ。オーボエをP.ピエルロ〔1921-2007〕ほかに,作曲をブーレーズに師事。1959年のジュネーブ国際音楽コンクールと1961年のミュンヘン国際音楽コンクールに優勝し演奏活動を開始した。
→関連項目デニソフ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホリガー
ほりがー
Heinz Holliger
(1939― )

スイスのオーボエ奏者。ベルン音楽大学とパリ音楽院で学んだほか、ブーレーズに師事して作曲法も修めた。1959年ジュネーブ、61年ミュンヘン両音楽コンクールで第1位。バーゼル交響楽団を経て、66年からフライブルク音楽大学教授。以後、室内楽・独奏の両分野で活動し、70年(昭和45)初来日。オーボエの演奏上の難点をすべて克服したうえ、自らくふうした新しい奏法により、この楽器に新しい可能性をもたらした。レパートリーは広いが、現代音楽にとくに造詣(ぞうけい)が深く、多くの作品がホリガーのために書かれ、彼によって初演されている。指揮者、作曲家としての活動も見逃せない。[岩井宏之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ホリガーの関連キーワードユルグ ヴィッテンバッハハインツ ホリガールトスワフスキトラークルベケットフーバー

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ホリガーの関連情報