コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホリガー ホリガー Holliger, Heinz

3件 の用語解説(ホリガーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホリガー
ホリガー
Holliger, Heinz

[生]1939.5.21. ランゲンタール
スイスオーボエ奏者,作曲家。ベルン音楽院を経て,バーゼル音楽院で P.ブーレーズに作曲を,パリ国立音楽院で P.ピエルロにオーボエ,Y.ルフェビュールピアノを学ぶ。 1959年ジュネーブ,61年ミュンヘンの国際音楽コンクールにオーボエで1位入賞。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ホリガー

スイスの作曲家,オーボエ奏者,指揮者。ベルンの北東ランゲンタール生れ。オーボエをP.ピエルロ〔1921-2007〕ほかに,作曲をブーレーズに師事。1959年のジュネーブ国際音楽コンクールと1961年のミュンヘン国際音楽コンクールに優勝し演奏活動を開始した。
→関連項目デニソフ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホリガー
ほりがー
Heinz Holliger
(1939― )

スイスのオーボエ奏者。ベルン音楽大学とパリ音楽院で学んだほか、ブーレーズに師事して作曲法も修めた。1959年ジュネーブ、61年ミュンヘン両音楽コンクールで第1位。バーゼル交響楽団を経て、66年からフライブルク音楽大学教授。以後、室内楽・独奏の両分野で活動し、70年(昭和45)初来日。オーボエの演奏上の難点をすべて克服したうえ、自らくふうした新しい奏法により、この楽器に新しい可能性をもたらした。レパートリーは広いが、現代音楽にとくに造詣(ぞうけい)が深く、多くの作品がホリガーのために書かれ、彼によって初演されている。指揮者、作曲家としての活動も見逃せない。[岩井宏之]
「『現代オーボエの領域』(1997・日本コロンビア) ▽ホリガー、イ・ムジチ合奏団演奏『アルビノーニ:協奏曲集』CD2枚組(2000・ユニバーサルミュージック)」

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホリガーの関連キーワード佐藤玄々スヘーフェニンゲンプランター金言クランタータンロートリンゲンテヘラン宣言インターカラントオタワ・ナショナル・アーツ・センター管弦楽団兵庫芸術文化センター管弦楽団

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ホリガーの関連情報