コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホルトソウ Euphorbia lathyris

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホルトソウ
Euphorbia lathyris

トウダイグサ科の越年草。南ヨーロッパ原産。日本には江戸時代に渡来し,コハズ (小巴豆) の名で薬用や観葉植物として栽培された。茎は直立して白緑色,高さ 60cm以上にもなり,長三角形の葉を対生する。葉の基部は茎を抱く。夏,三角形の包葉の間に目立たない杯状花序をつける。果実は3分果に分れていて球形となる。種子を利尿剤や下剤として用いるが劇毒があり,また茎葉から出る白い乳液も有毒である。名はポルトガルソウの略転。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホルトソウ
ほるとそう
caper spurge
[学]Euphorbia lathyris L.

トウダイグサ科の二年草。地中海地域、西南アジア原産で、日本には天文(てんぶん)年間(1532~55)に渡来した。茎は円柱形で直立し、高さ1~1.5メートル、無毛、暗緑色で白粉を帯びる。茎は強く、1年目は葉を多くつけるが、2年目には下部の葉が落ちる。葉は全縁で葉柄がなく、十字対生し、下面は蒼白(そうはく)色。茎の下部の葉は線形で先は丸く、上部の葉は長卵形で先は鋭くとがる。花がつく節のところで対生する葉状のものは総包で、花のようにみえるのは花序である。花序は壺(つぼ)状の小総包に包まれ、その中に1個の雄蕊(ゆうずい)(雄しべ)からなる多数の雄花と、1個の雌蕊(雌しべ)からなる一つの雌花があり、夏に開花する。小総包は短い2本の角をもち、その先は淡黄色の腺体(せんたい)となる。(さくか)は球形で、径10ミリメートル、高さ8~12ミリメートルで3稜(りょう)をもつ。種子は大きな卵球形で、長さ5ミリメートル、幅3.5ミリメートル。[長沢元夫]

薬用

漢方ではこの種子を続随子(ぞくずいし)といい、脂肪油(約50%)を圧搾して除き、残りを利尿、峻下(しゅんげ)剤として、浮腫(ふしゅ)、腹水、月経停止、食中毒などの治療に用いる。種子は作用が激しく、また茎葉から出る乳液が皮膚に触れると水疱(すいほう)を生ずるので注意が必要である。[長沢元夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ホルトソウの関連キーワードトウダイグサ科バイオマス石油植物資源植物朝鮮柳

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android