ホルマリン(読み)ほるまりん(英語表記)formalin

翻訳|formalin

日本大百科全書(ニッポニカ)「ホルマリン」の解説

ホルマリン
ほるまりん
formalin

ホルムアルデヒド水溶液で、日本薬局方ではホルムアルデヒドを35~38%含み、重合を避けるためにメタノールメチルアルコール)を5~13%添加したものをいう。代表的な消毒剤の一つで、医療用器具・物品、病室などの消毒にホルマリン水またはホルマリンガスとして使用される。また、多汗症や腋臭(えきしゅう)症(わきが)の止汗や臭気除去には40~70倍の水またはエタノール(エチルアルコール)溶液を1日数回塗布する。トキソイドをつくるときに細菌毒素の無毒化にも使われる。

[幸保文治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

栄養・生化学辞典「ホルマリン」の解説

ホルマリン

 ホルムアルデヒド(HCHO)の水溶液.殺菌や工業原料に用いられる.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ホルマリン」の解説

ホルマリン
formalin

ホルムアルデヒドの 37%水溶液。重合を防止し,ホルムアルデヒドの溶解性を増す目的で,10~15%のメチルアルコールが添加されている。熱して水分を蒸発させるとパラホルムアルデヒドという白色固体を生じる。これを加熱気化させると,もとのホルムアルデヒドに戻る。防腐消毒薬として器具,家具などの消毒に用いられる。また皮革のなめし,顕微鏡標本用動物組織の固定液などの用途もある。劇薬である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

化学辞典 第2版「ホルマリン」の解説

ホルマリン
ホルマリン
formalin

ホルムアルデヒドを37%(±0.5%)含む水溶液.重合を防ぐために8~12% のメタノールが添加してある.水溶液中のホルムアルデヒド分子はいくつか会合した状態で溶解している.メタノールを含まない37% 溶液の代表的性質は,強い刺激臭をもつ無色,透明な溶液.沸点101 ℃.1.1119.引火点85 ℃.pH 約3.0.防腐剤,消毒剤として使われるほかはホルムアルデヒドと同じ.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典「ホルマリン」の解説

ホルマリン

〘名〙 (Formalin formalin) ホルムアルデヒド三五~三八パーセントの水溶液。溶解性を高め重合を防止するためにメチルアルコール五~一三パーセントを含む。防腐剤、消毒薬に用いる。
※風俗画報‐二二七号(1901)災異門「消毒用ホルマリン洋燈にメチュール、アルコールを注入して」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「ホルマリン」の解説

ホルマリン【formalin】

ホルムアルデヒドを水に溶解したもので,日本薬局方によれば含量は35.0~38.0%であり,重合を避けるためにメチルアルコールを5~13%加えてある。外国の局方にはメチルアルコールの量は規定されていない。防腐用,消毒殺菌用に使われ,細菌,ウイルス,芽胞,カビなど多くの微生物に作用して生活力を奪う。器具などの消毒用には1%液が用いられるが,作用温度を20℃以上にしないと,効果は急速に低下する。また細菌の産生する毒素と結合してトキソイドとする作用がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のホルマリンの言及

【殺菌剤】より

…アルコールと混和して使用することがすすめられている。(7)ホルマリン ホルマリンはホルムアルデヒドの水溶液であるが,芽胞を含むほとんどすべての微生物を不活化する。作用温度の低下により殺菌効力は極端に低くなるので,少なくとも30℃以上で作用させなければならない。…

※「ホルマリン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android