ホロビッツ

百科事典マイペディア「ホロビッツ」の解説

ホロビッツ

ウクライナ出身の米国のピアノ奏者。20世紀を代表するビルトゥオーソの一人。ウクライナのキエフ(当時ロシア領)に生まれ,同地の音楽院に学ぶ。1922年にデビューして成功を収め,ソ連各地で演奏会を開く。1925年ベルリンに進出しフルトウェングラー,B.ワルターと共演。1928年,ビーチャム指揮のニューヨーク・フィルハーモニー管弦楽団と共演した米国デビューで名声を決定的にした。1933年トスカニーニの娘ワンダと結婚。病気療養後1940年に米国に定住し,演奏活動を再開。1944年市民権を取得。1953年から再び病気のため12年間のブランクをはさみ,1965年カーネギー・ホールでのリサイタルで楽壇に復帰。1986年には61年ぶりにソ連の地を踏み,大きな話題を呼ぶ。研ぎ澄まされた音と並外れた技巧に支えられた独自の演奏様式で知られ,ベートーベン,ショパン,スクリャービン,ラフマニノフなどを得意とした。1983年に初来日。→展覧会の絵バーバーミルスタインリヒテル

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「ホロビッツ」の解説

ホロビッツ
ほろびっつ
Vladimir Horowitz
(1904―1989)

ロシア出身のアメリカのピアノ奏者。20世紀を代表する巨匠の一人。生地キエフ(現、キーウ)の音楽院を卒業して1922年デビュー、国内で活躍したのち、1925年ベルリンに移って評判を高め、西ヨーロッパ各地に楽旅。1928年のニューヨーク・デビューが大成功を収め、爆発的な人気を博し、早くも不動の地位を築いた。病気のため二度にわたって長期間演奏活動を休止したが、人気はすこしも衰えず、かえって高くなったといわれる。1983年(昭和58)初来日。このときは不調だったが、1986年の再来日で実力の一端を示した。「リストの再来」と称された卓越した技巧に加え、情緒あふれる叙情的表現を得意としており、ショパン、シューマン、スクリャービン、ラフマニノフなどで独自の境地を開いた。

[岩井宏之]

『G・プラスキン著、奥田恵二・奥田宏子訳『ホロヴィッツ』(1984・音楽之友社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「ホロビッツ」の解説

ホロビッツ

(Vladimir Horowitz ウラディミール━)⸨ホロウィッツ⸩ ロシア生まれのアメリカのピアノ奏者。ダイナミックな技巧と豊かな抒情性を持った演奏で知られる。(一九〇四‐八九

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「ホロビッツ」の解説

ホロビッツ(Vladimir Horowitz)

[1904~1989]ロシア生まれの米国のピアニスト。卓越した技巧と情緒豊かな演奏で知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「ホロビッツ」の解説

ホロビッツ【Vladimir Horowitz】

1904‐89
ロシア出身のアメリカのピアノ奏者。20世紀最高の技巧家として名声をほしいままにした。キエフ音楽院を卒業,1922年にデビュー。25年祖国を去ってベルリンに移り,非常な成功をおさめる。28年のアメリカ・デビューが爆発的な人気を博し,若くして巨匠の仲間入りするに至る。33年トスカニーニの娘ワンダと結婚。40年アメリカに定住,44年市民権を取得。広いレパートリーをもち,スクリャービンのソナタ前奏曲,ショパンのマズルカなどでは独特のロマン的な濃厚な抒情を繰り広げ,一方,ラフマニノフのソナタや練習曲では,けんらん豪華な響きを楽しませるなど個性的な表現力で知られた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ホロビッツ」の解説

ホロビッツ

ホロウィッツ」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android