コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホロ島 ホロとう Jolo Island

3件 の用語解説(ホロ島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホロ島
ホロとう
Jolo Island

フィリピン南西部,スル諸島の主島。周辺の島とともにスル州を構成している。小火山がいくつかそびえ,最高峰はトゥマタンガス山 (812m) 。 14世紀にイスラム教が広まり,住民はスペインアメリカの植民に強硬に抵抗し,独自の文化を保っている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ホロ‐とう〔‐タウ〕【ホロ島】

Jolo Island》フィリピン南西部、スールー諸島の主島。スールー州に属し、州都ホロがある。15世紀頃にイスラム教国スールー王国の都が置かれ、海上交易の拠点として栄えた。タウスグ人が多く居住する。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホロ島
ほろとう
Jolo Island

フィリピン南西部、スル諸島(人口54万、2000)の主島。面積894平方キロメートル。火山岩からなり、3条の並行した山脈が島を貫く。近海には多くの属島が散在する。住民のほとんどはイスラム教徒のタウスグ人で、農業や水産業に従事している。中心地のホロ(人口8万7998、2000)は古くから海上交通、商業の拠点として栄え、大麻(たいま)、コプラ、木材などを輸出するとともに、真珠採取の基地となっている。[別技篤彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホロ島の関連キーワードフィリピン海フィリピン海溝スピッツベルゲン比島フィリピン海プレートフィリピン諸島フィリピン鷲ドール・フィリピン産パパイヤの日フィリピン毛頭虫感染フィリピンと中国

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ホロ島の関連情報