コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホロ島 ホロとうJolo Island

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホロ島
ホロとう
Jolo Island

フィリピン南西部,スル諸島の主島。周辺の島とともにスル州を構成している。小火山がいくつかそびえ,最高峰はトゥマタンガス山 (812m) 。 14世紀にイスラム教が広まり,住民はスペイン,アメリカの植民に強硬に抵抗し,独自の文化を保っている。スル諸島のなかでは例外的に農業が盛んで,タピオカ,米,トウモロコシコプラ,果実を産する。水産資源に恵まれ,魚介類のほか天然真珠,クロサンゴなどを特産。州都は北西岸の港町ホロ。面積 894km2

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ホロ‐とう〔‐タウ〕【ホロ島】

Jolo Island》フィリピン南西部、スールー諸島の主島。スールー州に属し、州都ホロがある。15世紀頃にイスラム教国のスールー王国の都が置かれ、海上交易の拠点として栄えた。タウスグ人が多く居住する。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホロ島
ほろとう
Jolo Island

フィリピン南西部、スル諸島(人口54万、2000)の主島。面積894平方キロメートル。火山岩からなり、3条の並行した山脈が島を貫く。近海には多くの属島が散在する。住民のほとんどはイスラム教徒のタウスグ人で、農業や水産業に従事している。中心地のホロ(人口8万7998、2000)は古くから海上交通、商業の拠点として栄え、大麻(たいま)、コプラ、木材などを輸出するとともに、真珠採取の基地となっている。[別技篤彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ホロ島の関連キーワードラジャ・ソリマンアブー・バクルサマール族

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ホロ島の関連情報