ホーフマンスタール(英語表記)Hofmannsthal, Hugo von

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ホーフマンスタール」の解説

ホーフマンスタール
Hofmannsthal, Hugo von

[生]1874.2.1. ウィーン
[没]1929.7.15. ウィーン
オーストリアの詩人,劇作家,小説家,随筆家。 17歳で円熟した詩劇『きのう』 Gestern (1891) を発表,以後『早春』 Vorfrühling (92) などの抒情詩や『痴人と死』 Der Tor und der Tod (93) などの抒情的小戯曲を矢つぎばやに発表し,優雅な古典的形式と世紀末的な憂愁と無常感により独自の世界を展開した。 1902年のエッセー『チャンドス卿の手紙』 Brief des Lord Chandosで言語表現への根本的懐疑を表明してからは抒情詩の世界を去り,ギリシア悲劇をはじめとする古典劇の翻案,改作や,『薔薇の騎士』 Der Rosenkavalier (1911) などのオペラ台本に手腕を発揮した。第1次世界大戦による旧秩序の崩壊を体験してから,M.ラインハルトとともにザルツブルク・フェスティバルを組織,社会的宗教的な関心を強め,道徳劇イェーダーマン』 Jedermann (11年ベルリンで初演) ,カルデロン劇に取材した『ザルツブルクの大世界劇場』 Das Salzburger grosse Welttheater (22) を上演した。また,小説の分野でも長編『アンドレアスAndreas (未完) をはじめ注目すべき作品がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「ホーフマンスタール」の解説

ホーフマンスタール
ほーふまんすたーる

ホフマンスタール

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android