コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホーフマンスタール Hofmannsthal, Hugo von

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホーフマンスタール
Hofmannsthal, Hugo von

[生]1874.2.1. ウィーン
[没]1929.7.15. ウィーン
オーストリアの詩人,劇作家,小説家,随筆家。 17歳で円熟した詩劇『きのう』 Gestern (1891) を発表,以後『早春』 Vorfrühling (92) などの抒情詩や『痴人と死』 Der Tor und der Tod (93) などの抒情的小戯曲を矢つぎばやに発表し,優雅な古典的形式と世紀末的な憂愁と無常感により独自の世界を展開した。 1902年のエッセー『チャンドス卿の手紙』 Brief des Lord Chandosで言語表現への根本的懐疑を表明してからは抒情詩の世界を去り,ギリシア悲劇をはじめとする古典劇の翻案,改作や,『薔薇の騎士』 Der Rosenkavalier (1911) などのオペラ台本に手腕を発揮した。第1次世界大戦による旧秩序の崩壊を体験してから,M.ラインハルトとともにザルツブルク・フェスティバルを組織,社会的宗教的な関心を強め,道徳劇イェーダーマン』 Jedermann (11年ベルリンで初演) ,カルデロン劇に取材した『ザルツブルクの大世界劇場』 Das Salzburger grosse Welttheater (22) を上演した。また,小説の分野でも長編『アンドレアス』 Andreas (未完) をはじめ注目すべき作品がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ホーフマンスタール【Hugo von Hofmannsthal】

1874~1929) オーストリアの詩人・劇作家。新ロマン派の代表的作家。韻文戯曲「痴人と死」、 R =シュトラウスのオペラの台本となった「エレクトラ」「ばらの騎士」「影のない女」、未完小説「アンドレアス」、随筆「チャンドス卿の手紙」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホーフマンスタール
ほーふまんすたーる

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ホーフマンスタールの関連キーワードカール・ヤーコプ ブルクハルトR. ボルヒャルトベール=ホーフマンザルツブルク祝祭オーストリア文学オーストリア演劇オーストリアシュトラウスランドルフィシュレーダー象徴主義演劇ブルクハルトボルヒャルト新ロマン主義エレクトラばらの騎士ドイツ文学エブリマン影のない女リュヒナー

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android