コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボアイエ Boyer, Charles

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボアイエ
Boyer, Charles

[生]1899.8.28. フィジャク
[没]1978.8.26. アリゾナ,フェニックス
フランスの映画俳優。舞台俳優から 1920年映画界に入り,1940年渡米,以後多くのアメリカ映画に出演。主演作品『うたかたの恋』 (1936) ,『ガス燈』 (1944) 。

ボアイエ
Boyer, Jean-Pierre

[生]1776. ポルトープランス
[没]1850.7.9. パリ
ハイチの政治家。大統領 (在任 1820~43) 。ムラットの出身。フランスで学ぶ。ハイチ南部の大統領 A.ペティオンが 1818年に,北部の支配者 H.クリストフが 20年に死んだあと,ハイチを統一。 22年には島の東半分を占めるサントドミンゴを征服してハイチ全島の独裁権を握り,20年以上にわたり大統領として政権を掌握。しかし,その間島の東半分を占める旧スペイン領はドミニカ共和国として独立,さらにフランスに多額の債務を負ったことと圧政のため,43年には失脚,亡命。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ボアイエ

フランス生れ,米国の俳優。パリ大学卒。パリで演劇を学び,1920年舞台俳優でデビュー,1930年映画界に転じた。1934年米国に渡り,ハリウッドの二枚目スターとなった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボアイエ
ぼあいえ
Charles Boyer
(1899―1978)

アメリカの俳優。フランスのフィジアクに生まれる。ソルボンヌ大学を卒業後、コンセルバトアールで演劇を学び、1920年に舞台と映画にデビューした。『かりそめの幸福』『リリオム』(ともに1934)などのフランス映画に主演、34年に招かれて渡米。以来都会的な二枚目として多くの恋愛映画に出演し、ブロードウェーの舞台でも活躍した。代表作に『うたかたの恋』(1936)、『歴史は夜作られる』(1937)、『邂逅(めぐりあい)』(1939)、『裏街』(1941)、『ガス燈(とう)』(1944)、『凱旋(がいせん)門』(1948)など。晩年まで映画出演を続けたが、夫人の死のあと睡眠薬自殺を遂げた。[畑 暉男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ボアイエの関連キーワードシャンソン(フランスのポピュラー・ソング)バーグマンボワイエビラネララルース

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android