ボアエルデュー(英語表記)Boieldieu, François-Adrien

  • 1775―1834
  • Franois-Adrien Boieldieu
  • François Adrien Boieldieu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]1775.12.16. ルーアン
[没]1834.10.8. ジャルシ
フランスの作曲家。ルーアン大聖堂の少年聖歌隊員の頃,オルガン奏者の C.ブローシュに師事したほかは独学。 1793年最初の歌劇『ふとどきな娘』を発表後パリに移り,98年パリ国立音楽院ピアノ教師となる。 1800年歌劇『バグダードの太守』で大成功を収め,ペテルブルグ帝室歌劇場指揮者,パリ国立音楽院作曲科教授を歴任,芸術院会員となり 21年レジオン・ドヌール勲章を受けた。ほかに『パリのジャン』 (1812) ,『白衣の婦人』 (25) ,ピアノ・ソナタ,ハープ協奏曲などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フランスの作曲家。初め生地ルーアンで、のちにパリ、ボローニャで学ぶ。1791年ルーアンの教会オルガン奏者に就任、その後オペラ・コミックの作曲家として活躍、96年パリに移り『バグダードの大守』(1800)、『パリのジャン』(1812)、『白衣婦人』(1825)などで成功を収めた。1803~11年の間はロシアのペテルブルグの宮廷に仕えて活動。その前後にはパリ音楽院のピアノ、作曲の教授を務めた。彼は19世紀初頭のフランスを代表するオペラ・コミック作曲家で、とくに軽妙で親しみやすい旋律により人気を博した。歌曲、器楽曲なども作曲したが、それらのなかではハープ協奏曲ハ長調(1801出版)が有名。[美山良夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

(François Adrien Boieldieu フランソア=アドリアン━) フランスの作曲家。オペラ‐コミック劇の作曲者として成功。代表作は「パリのジャン」「赤ずきんちゃん」など。(一七七五‐一八三四

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android