コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボアエルデュー ボアエルデュー Boieldieu, François-Adrien

4件 の用語解説(ボアエルデューの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボアエルデュー
ボアエルデュー
Boieldieu, François-Adrien

[生]1775.12.16. ルーアン
[没]1834.10.8. ジャルシ
フランスの作曲家。ルーアン大聖堂の少年聖歌隊員の頃,オルガン奏者の C.ブローシュに師事したほかは独学。 1793年最初の歌劇『ふとどきな娘』を発表後パリに移り,98年パリ国立音楽院ピアノ教師となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ボアエルデュー(François Adrien Boieldieu)

[1775~1834]フランスの作曲家。オペラコミックの作曲で活躍。作「パリのジャン」「白衣の婦人」など。ボイエルデュー

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ボアエルデュー

ボイエルデュー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボアエルデュー
ぼあえるでゅー
Franois-Adrien Boieldieu
(1775―1834)

フランスの作曲家。初め生地ルーアンで、のちにパリ、ボローニャで学ぶ。1791年ルーアンの教会オルガン奏者に就任、その後オペラ・コミックの作曲家として活躍、96年パリに移り『バグダードの大守』(1800)、『パリのジャン』(1812)、『白衣の婦人』(1825)などで成功を収めた。1803~11年の間はロシアペテルブルグの宮廷に仕えて活動。その前後にはパリ音楽院ピアノ、作曲の教授を務めた。彼は19世紀初頭のフランスを代表するオペラ・コミック作曲家で、とくに軽妙で親しみやすい旋律により人気を博した。歌曲、器楽曲なども作曲したが、それらのなかではハープ協奏曲ハ長調(1801出版)が有名。[美山良夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボアエルデューの関連キーワードルーアン大聖堂キューアンドエーシーアンカーマリーアントワネットローアングルサーターアンダギーオーヴァー・アンド・オーヴァードルーアン,R.ルーアン[種]アンダーアーム

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone