コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボウズニラ ボウズニラRhizophysa eysenhardtii

3件 の用語解説(ボウズニラの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボウズニラ
Rhizophysa eysenhardtii

刺胞動物門ヒドロ虫綱管クラゲボウズニラ科。体は,高さ 1.5cm,幅約 1cmの気胞体と,それに下垂する細長い幹とからなる。幹はきわめて伸縮性に富み,縮むと 30cm,伸長すると数mにもなる。幹には栄養体,触手,生殖体がところどころに固まってついている。刺胞毒(→刺胞)はあまり強くない。全体が淡紅色であるが,ときにわずかに紫色あるいは黄色を帯びる。和名のボウズは気泡体が坊主頭に似ていることに由来し,ニラは魚の背鰭や植物にあるとげを意味するイラがなまったものである。世界の温帯熱帯に広く分布し,日本付近の暖海では特に春季に多く出現する。(→刺胞動物ヒドロ虫類無脊椎動物

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ボウズニラ【Rhyzophysa eysenhardtii】

ヒドロ虫綱ボウズニラ科の腔腸動物(刺胞動物)。暖流海域に浮遊生活し,春に多く見られる。高さ1~1.7cmの卵形の気胞体から細長い幹が生じ,その幹には栄養体,触手や生殖体叢などがまばらに着生し,全体がよくのびると長さが数mにもなる。淡紅色であるが,なかには紫色や黄色をおびるものがある。気胞体は体を浮かす浮袋であって,ときに水面上に上端をだすことがある。触手の刺胞毒ははげしくなく,少々痛い程度である。【今島 実】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボウズニラ
ぼうずにら / 坊主韮
[学]Rhizophysa eysenhardtii

腔腸(こうちょう)動物門ヒドロ虫綱管(くだ)クラゲ目ボウズニラ科に属する海産動物。大形の気胞体と長く伸びた幹とからなる。泳鐘はみられない。気胞体は卵形、高さ2センチメートル、幅1センチメートルほどで、その下端から幹が生じている。幹は伸長した場合数メートルにも達し、その上に多くの幹群が連なっている。幹群は栄養体、触手、生殖体叢(そう)からなる。栄養体は細長い管状、触手は多数の糸状の側枝をもち、また生殖体叢には数回分岐した小枝とその先端に生殖体がみられる。体全体は淡紅色であるが、わずかに紫色または黄色を帯びることがある。触手の刺胞毒は強く、刺されるとひどい痛みを感ずる。本州中部以南の沿岸に春に多くみられ、また世界の温帯・熱帯の海に広く分布する。[山田真弓]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone