コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボズウェル ボズウェルBoswell, James

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボズウェル
Boswell, James

[生]1740.10.29. エディンバラ
[没]1795.5.19. ロンドン
イギリスの弁護士,著述家。スコットランドの出身。イギリス伝記文学の最高傑作『ジョンソン伝』 The Life of Samuel Johnson (1791) の著者。 1763年ジョンソンと知合い,またこの年には大陸旅行をしてルソーボルテールに会った。 73年ジョンソンの文学クラブの会員となり,スコットランド旅行にも同行した。『ヘブリディーズ旅日記』 The Journal of a Tour to the Hebrides (86) はその記録である。『日記』 18巻が 1928~34年に刊行されたが,なお未整理の著作が多量に残っており,50年からエール大学の編集により『ロンドン日記』 London Journalなどの著作の刊行が始った。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ボズウェル

英国の伝記作者。スコットランド出身の弁護士で,S.ジョンソンに親しく接し,伝記文学の傑作といわれる《サミュエル・ジョンソン伝》(1791年)を書いた。ほかに膨大な《私記》《日記》など。
→関連項目伝記

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ボズウェル【James Boswell】

1740‐95
イギリスの文人,伝記作家,弁護士。エジンバラ生れ。エジンバラ,グラスゴー両大学で学び,弁護士となる。1762年より翌年にかけてロンドンに滞在,63年S.ジョンソンと会って以来,彼を崇拝する。その間遊びの遍歴も重ねる。63‐66年大陸旅行をし,ボルテールやルソーとも会見した。66年故郷へ帰って弁護士として活躍を開始する。彼は一日女性と野外で〈大胆に〉情事を楽しんだかと思うと,翌日は法廷で数時間に及ぶ弁論を展開するという〈二面性〉をもっていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボズウェル
ぼずうぇる
James Boswell
(1740―1795)

イギリスの弁護士。スコットランドに生まれる。伝記文学の最高傑作『サミュエル・ジョンソン伝』(1791)の作者。エジンバラとグラスゴーの大学で法律を学び、グラスゴー大学ではアダム・スミスの講義に出席。その後、ロンドンに出て文士仲間とともに数冊の詩文集を匿名で出版。1763年、S・ジョンソンと会い、その偉大な人格に心酔し、親交を結ぶ。その間、非凡な記憶力と鋭い観察力でジョンソンの言行を克明に記録し、手紙を集め、豊富な資料を駆使して、芸術的にみごとな統一のある『ジョンソン伝』を書いた。大陸旅行のおりには、コルシカ島独立を企てたパオリ将軍と会見し、『コルシカ事情』(1768)を書いて著述家としての名声を確立。また、ジョンソンに従ってスコットランドを旅行した記録『ヘブリディーズ諸島旅日記』(1785)も知られる。20世紀になって、赤裸々な生活の記録を含む日記など膨大な量の「私記」が発見され、次々と刊行されている。[平 善介]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ボズウェルの関連キーワードマリア・テレジア市川団蔵ビジット・ジャパンJR沼津駅周辺の鉄道高架事業中国の自動車市場森蘭斎岡田寒泉キンデルダイク元の字銭崔述

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ボズウェルの関連情報