コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボナパルト家 ボナパルトけ Bonaparte

翻訳|Bonaparte

3件 の用語解説(ボナパルト家の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボナパルト家
ボナパルトけ
Bonaparte

ロンバルディア起源のコルシカの家系。13世紀以降イタリアフィレンツェ,トレビソ,ベロナパドバそれぞれ居を定めたが,ジェノバ地方のサルザナに定着した分家が 16世紀初めにコルシカ島に渡り,後年ナポレオン1世が誕生した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ボナパルトけ【ボナパルト家】

フランス皇帝ナポレオンの出た家系。この家系は,16世紀にイタリアのフィレンツェからコルシカ島アジャクシオの町に移住し,代々役人や聖職者を出していた。ナポレオンの父カルロCarlo Buonaparte(1746‐85)はイタリアに出て法律を学び,レティチア・ラモリノと結婚,12人の子を持ち,うち8人が成長した。彼はパオリの率いるコルシカ独立運動に参加したが,1768年にコルシカがジェノバ領からフランス領になって以後はフランス勢力に接近,コルシカ地方三部会の貴族代表となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボナパルト家
ぼなぱるとけ
Bonaparte

フランス皇帝ナポレオン1世や3世の誕生した家柄。先祖はイタリアのロンバルディア地方の出。13世紀からイタリア諸地方に広がり、16世紀初めごろジェノバ領コルシカ島のアジャクシオに移住した一族から、2世紀半ほどの不明ののち、カルロ・ブオナパルテ(フランス名ではシャルル・ボナパルト、1746―85)が現れた。彼は公証人で、コルシカの独立運動などに参加、妻レティツィア・ラモリーノとの間に5男3女が成長、ナポレオン(イタリア名ナポレオーネ)・ボナパルト(後のナポレオン1世、1769―1821)は男子の2番目であった。彼の兄ジョゼフJoseph(1768―1844)、弟リュシアンLucien(1775―1840)、ルイLouis(1778―1846)、ジェロームJrme(1784―1860)はそれぞれボナパルトに関連して史上に名をとどめ、ボナパルトの子ナポレオン2世(1811―32)は即位しなかったが、ルイの第3子ルイ(1808―73)はナポレオン3世として帝位につき、その死後はジェロームの第4子ナポレオン(1822―91)の家系が帝位継承権をもった。[山上正太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボナパルト家の関連キーワードナポレオン岩大陸封鎖令ナポレオンフィッシュナポレオン狂皇帝ナポレオン1世と皇妃ジョゼフィーヌの戴冠島のナポレオンナポレオンの密書リズム怪盗R 皇帝ナポレオンの遺産セダンの戦

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone