コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボルデ Bordet, Jules Jean Baptiste Vincent

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボルデ
Bordet, Jules Jean Baptiste Vincent

[生]1870.6.13. ソアニー
[没]1961.4.6. ブリュッセル
ベルギーの細菌学者。 1892年ブリュッセル大学医学部を卒業。 94~1901年パリのパスツール研究所で研究し,その後ブリュッセルに帰ってブラバント地方にパスツール研究所を設立し,40年まで所長をつとめた。また 1907~35年,母校の細菌学教授。免疫学および細菌学の分野に業績を残し,補体結合反応百日咳菌を発見した。免疫に関する研究で 19年,ノーベル生理学・医学賞を受賞した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ボルデ【Jules Jean Baptiste Vincent Bordet】

1870‐1961
ベルギーの細菌学・血清学者。小学校長の息子として生まれ,ブリュッセル大学を卒業後パリに出て1894年パスツール研究所に入所し,はじめE.メチニコフの研究室で働いた。1901年ブリュッセルのパスツール研究所長となったが,その数年間に彼はつぎつぎと,たとえば赤血球凝集反応溶血反応補体結合反応などといった主要な抗原抗体反応の手法を確定し,その機序についての論議を深めて,のちの血清学的診断法の進歩に大いなる寄与をなした。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボルデ
ぼるで
Jules Jean Baptiste Vincent Bordet
(1870―1961)

ベルギーの細菌学者。ブリュッセル大学卒業。1894年パリのパスツール研究所に入りメチニコフに師事。ブリュッセルのパスツール研究所長(1901)、ブリュッセル大学教授(1907)などを歴任。ウサギの血液を注射したモルモットの血清がウサギの赤血球を溶血する免疫学的溶血現象を発見、これがモルモット血清中の免疫体と正常血清成分(補体)との2物質の協同によっておこることを証明、その後、補体結合反応を考案した。1906年にはジャングーOctave Gengou(1875―1957)と共同で百日咳(ぜき)菌を発見、晩年までバクテリオファージの研究を続けた。「免疫に関する発見」により、1919年のノーベル医学生理学賞を受賞した。[藤野恒三郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のボルデの言及

【百日咳】より

…一度かかると終生免疫をうるといわれる。百日咳菌Bordetella pertussisは1906年ボルデーJ.BordetとジャングーO.Gengouによって患者から分離された小杆菌(1.0~1.5μm×0.3~0.5μm)で,グラム陰性。病原菌の侵入は飛沫感染,すなわち患者の咳をあびることによる。…

【百日咳】より

…一度かかると終生免疫をうるといわれる。百日咳菌Bordetella pertussisは1906年ボルデーJ.BordetとジャングーO.Gengouによって患者から分離された小杆菌(1.0~1.5μm×0.3~0.5μm)で,グラム陰性。病原菌の侵入は飛沫感染,すなわち患者の咳をあびることによる。…

【ワッセルマン反応】より

…この方法はワッセルマン反応と呼ばれて有名になり,梅毒の血清学的診断法の代名詞ともなった。ただし,同様の試みはこれ以前にフランスのJ.ボルデらも行っており(1901),補体結合反応の原理をも見いだしていたので,フランスではこの反応をボルデ=ワッセルマン反応と呼ぶことが多い。またブダペストのデートルL.Detreも独立に同じ方法による結果を,ワッサーマンのサルについての報告の約10日後,ヒトについての報告の前に公表している。…

※「ボルデ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ボルデの関連キーワードガルニエ(Jean Louis Charles Garnier)トリアッティ(Palmiro Togliatti)クロード(Albert Claude)フェルッチョ フルラネットE.E.N. マスカールマルゲリータ[サボイア]アルバート クロードフランソワ バイルクリスティアン2世クリスティアン8世シャルンホルストコニェツポルスキバルデマール1世バルデマール2世フレデリック7世ゴルシュミットデ・アミーチスイタリア共産党ボルディーガワッサーマン

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android