コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボロス Vólos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボロス
Vólos

ギリシア,バルカン半島部中部,セサリア (古代名テッサリア) 地方東部の都市。アテネの北北西約 170km,エーゲ海のパガシティコス湾の湾奥に位置する港湾都市で,おもにセサリア地方に産する穀類,ワイン,綿花,クロム鉄鉱,タバコ,オリーブ,オリーブ油などを積出す。背後のピリオン山麓の丘陵に位置する旧市街は,ミケーネ時代にこの地方の中心地であったイオルコスのあったところで,1956年以降の発掘によりその遺跡が出土している。市の南にはミケーネ時代から古典期末まで繁栄したパガサイ,前 293年マケドニアが建設したデメトリアスの遺跡もある。海岸沿いに広がる新市街は,おもに 1881年市がオスマン帝国からギリシアに割譲されたのち発展した。ラリサと鉄道で結ばれ,アテネとセサロニキを結ぶ幹線鉄道に連絡。人口7万 1378 (1981) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ボロス【Vólos】

ギリシア中部,エーゲ海のボロス湾に面する港町。人口7万7000(1991)。穀物,野菜,綿花,絹,オリーブ油などの積出港で,製粉,皮なめし,精油などの軽工業が行われる。ピレウスと並ぶ工業都市となるはずのところが,1954年と55年に大地震に見舞われて,大きな被害があり,発展は一時中断された。しかし,最近はまた自動車などの重工業も興りつつある(日産自動車の工場がある)。古代ギリシア神話の英雄イアソンの町イオルコスは現在のボロス市外にあたり,遺跡の存在が確認されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ボロス
ぼろす
Vlos

ギリシア中部、マグネシア県の県都。ピレウス、テッサロニキに次ぐギリシア第三の港湾都市。人口8万2439(2001)。テッサリア東岸のパガシティコス湾奥に位置し、テッサリア平原の農産物である穀物、野菜、ぶどう酒、たばこなどを輸出する。湾の周辺には工業地帯が発達し、オリーブ油加工、織物、皮革、たばこ産業が盛んである。1956年以来、旧市街アノ・ボロスで二つのミケーネ宮殿の発掘が進められている。考古学博物館がある。[真下とも子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ボロスの関連キーワードシモン(Claude Simon)エリック・リュッカー エディソンジョルジオ・デ キリコカロン(ギリシア神話)シャーリーズ セロンA. モホロビチッチキュノスケファラエトニー ギルロイローマ国立美術館モホロビチッチウロボロスの蛇アンドラーシSAKURAユークリッドヴァンゲリスウロボロス二階 重楼エウポリス丸山圭三郎クシダ杏沙

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ボロスの関連情報