コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポトラッチ potlatch

翻訳|potlatch

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポトラッチ
potlatch

北太平洋沿岸のアメリカインディアンの儀礼で,公的な地位を誇示するために自分の富を分配する行為をいう。チヌーク族の用語で「贈答」を意味し,オレゴン州北部からアラスカ州南部にかけて,トリンギット,チムシアン,ハイダ,ベラ・クーラ,南・北クワキウトル,沿岸サリシュ,下チヌークの諸民族の間で行われる。それぞれ特徴があるが,一般に主催者の地位により大小さまざまの祝宴が開かれ,近隣の人々を招き,その階級に応じて贈物をする。このとき主催者とその親族は気前のよさを最大限に発揮してその地位を誇る。後継者の披露,結婚,葬礼などから,赤ん坊の発毛といった些細な理由でも行われ,ときには不名誉な行為の挽回のために行われることもある。招待された者は,なにかの機会により盛大な祝宴を開いて答礼する。答礼が十分でない場合には,相手の奴隷身分に落されることもある。南クワキウトル族のポトラッチは 1840~1925年頃最も盛大に行われ,何日も続く祝宴の間に何千枚もの毛布や仮面,カヌーなどに加えて,ヨーロッパから輸入したモーターボートやミシン,ほうろう引きの器,衣類,コムギ,砂糖などが配られた。しかしその後主として経済的理由によりほとんど行われなくなった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ポトラッチ(potlatch)

《元来は消費・贈与の意》北アメリカ太平洋岸のインディアン社会に広くみられる、威信と名誉をかけた贈答慣行。主催者は盛大な宴会を開き、客に蓄積してきた財物を惜しみなくふるまって自らの地位と財力を誇示し、客もその名誉にかけて他の機会にそれ以上のもてなしをする。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ポトラッチ

北米,カナダのブリティッシュ・コロンビア州のインディアン,クワキウトル族等に見られた習俗。宴会を開いて供応し,銅の飾り板(実用価値はない)や毛布を贈物とした。そして自分のポトラッチの番になると前例を上回る贈物をするというふうに,浪費が社会組織の基盤となり,戦争の代用でもあった。
→関連項目アメリカ・インディアン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ポトラッチ【potlatch】

北アメリカ北西海岸部に住むアメリカ・インディアンのトリンギット族,ハイダ族,クワキウトル族,チィムシャン族,ヌートカ族などの間で行われた競覇的な贈与交換を伴う饗宴。ポトラッチという名称は,ヌートカ語の〈物を与える〉という意味の〈パツシャトル〉という単語が,チヌーク・ジャーゴンと呼ばれる通商言語を経て,英語に入ったものである。 北西海岸インディアンの人々は夏季の間,山地で分散した生活を送るが,冬季になると〈町〉と呼ばれる場所に集合し,その期間中,誕生,婚姻,葬礼,成年式,家屋やトーテム・ポールの新築など,さまざまな儀礼的機会を利用して,大規模な饗宴を開いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ポトラッチ【potlatch】

〔チヌーク語で「贈与」の意〕
北太平洋沿岸の北米先住民にみられる贈答の儀式。地位や財力を誇示するために、ある者が気前のよさを最大限に発揮して高価な贈り物をすると、贈られた者はさらにそれを上回る贈り物で返礼し互いに応酬を繰り返す。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ポトラッチ
ぽとらっち
potlatch

クワキウトル、ハイダ、トリンギトなどのアメリカ大陸北西部インディアン諸族の間にみられる贈答慣行をさす。ポトラッチということばは、食物を供給するとか共食の場所とか贈与を意味する、同じ北西部インディアンのチヌークの言語であるチヌーク語に由来する。ポトラッチは、誕生、婚姻、葬式、位階の相続といった儀礼的機会に催され、主催者は盛大な祭宴の席で招待客に大量の財貨、毛布や銅板などの贈答物をばらまく。招待客は招待や贈答物の受け取りを拒むことができず、また後日、招待されたもの以上の規模の祭宴を催さねばならない。これに失敗すると彼の名誉は損なわれ、地位は下降する。このように、ポトラッチを行う動機は、自らの富を誇示し、それを惜しげなく与えることによって競争者を打ち負かし、自らの威信を高めることにある。ポトラッチの競覇的性格は、しばしば、競争相手の面前で大量の毛布やカヌーを燃やしたり、銅板を打ち砕いたりといった財の破壊行為すら導く。インディアン自身のことばにあるように、人々は敵と「財産によって戦っている」のである。[濱本 満]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のポトラッチの言及

【宴会】より

…古代ローマ人に親しまれたサトゥルヌスの祭には,自由な民と奴隷という身分上の差別が取り去られ,性の解放と暴飲の乱痴気騒ぎが行われた。北アメリカの北西部に住むトリンギット族,ハイダ族,チムシアン族は,祝祭の季節を迎えると,ポトラッチとよばれる儀礼的な贈与交換を行う。饗宴が開かれると,招待する者も招待される者も,自分たちの名誉や威信を保つために,財産の消費と分配を強いられる。…

【贈物】より

…つまり,原初的な社会における贈答システムは,まずもって食物や製品,さらに最も貴重な財のカテゴリーである女を含んだ全体的交換であると主張する。
[ポトラッチとクラ]
 このいわば連帯促進システムに対して,贈与のもつ他の側面として,送り手と受け手の間に競争や対立をまねく要素のあることも重要である。ポトラッチと呼ばれる北米インディアンの贈与交換に関する事例によれば,自己の威信を高めるために名誉や面子をかけて,財貨の惜しみない競争的贈与や浪費が行われる。…

【クワキウトル族】より

…各拡大家族の成員の間,同一村落内の家族の間,各村落の間にもそれぞれ序列が生まれることになる。 地位・称号の継承,名誉の回復などにはポトラッチを主催し,社会的承認を受ける必要があった。これは拡大家族成員の協力によって首長により主催される饗宴と贈答を伴う儀礼で,着席,贈答品の授受,供応の順序も社会的序列を反映する。…

【平和】より

…核戦争の危険を内在させている抑止システムが不安定なゆえんである(軍拡)。加えてこれは,史上最大のポトラッチpotlatchである(G.ブートゥール)。ポトラッチとは民族学では,自己の優越を明示したいときに相互に行う贈与儀式をいう。…

※「ポトラッチ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ポトラッチの関連キーワードモース(Marcel Mauss)ジョージ・アンブロワイ ダビー贈与(文化人類学)ボードリヤールスカンミクロネシアハイダグワイチムシアン族ドゥボール普遍経済学サリシュ族タナイナ族文化記号論キャリア族バタイユ平岩久資タナナ族贈り物モースダビー

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ポトラッチの関連情報