コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポドザミテス Podozamites

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポドザミテス
Podozamites

裸子植物針葉樹類に属すると考えられている,中生代の地層に最も普通に産出する植物化石の一属で,ポドザミテス目に入る。葉は現生のマキやナンヨウスギによく似ていて,中肋がなく細脈が縦走する。日本からも数種産出している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ポドザミテス【Podozamites】

現生のナギ(マキ科)によく似た形を示す植物で,中生代に限って生存した。表皮細胞の構造はナギとは異なる。またその繁殖器官と考えられているスウェーデンボルジアSwedenborgiaやキカドカルピジウムCycadocarpidiumの構造は,他の化石球果,現生の球果の類のどれとも一致しない。この植物はかつてソテツの類と考えられたが,現在はおそらく絶滅した球果類の一員であると考えられている。日本の古期中生代の植物化石層および内帯の新期中生代の化石層(清末層,手取累層群)から多産する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ポドザミテス
ぽどざみてす
[学]Podozamites

中生代に栄えた裸子植物である球果植物(針葉樹)の一種。通常の球果類のもつ針葉とは異なり、葉は卵形または披針(ひしん)形の単葉で幅広く、短柄があり、平行脈をもつ。葉脈は基部でのみ分岐して先端に向かって収束する。球果の形をした化石キカドカルピディウムCycadocarpidiumがつねにポドザミテスの葉に伴って産するため、その繁殖器官ではないかと推測されているが確認されていない。
 日本では山口県山陽小野田市津布田(つぶた)、美祢(みね)市大嶺(おおみね)町、岡山県高梁(たかはし)市成羽(なりわ)町などの三畳系から、また群馬県沼田市白沢(しらさわ)町岩室(いわむろ)、長野県北安曇(あずみ)郡小谷(おたり)村来馬(くるま)のジュラ系、また新潟県、石川県、福井県などの白亜系にかけて多産する。ポドザミテスの名は、中生代の同じような葉形をもつ化石に対して広く使われるため、その類縁ははっきりしないものも多い。多くはマキ科との類縁が指摘されるが、南半球でみつかるもののなかには、1996年にオーストラリア、ニュー・サウス・ウェールズ州で発見された、ナンヨウスギ科の新属ウォレミアWollemiaと関連づけられるものもある。[浅間一男・西田治文]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ポドザミテスの関連キーワードレート=ライアス植物群成羽植物群

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android