コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポランスキー Polanski, Roman

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポランスキー
Polanski, Roman

[生]1933.8.18. フランス,パリ
映画監督,脚本家,俳優。さまざまなジャンルの映画を通じて,孤独,欲望,不条理などのテーマを追究してきた。ポーランド人移民の子としてパリに生まれ,3歳のとき家族でポーランドのクラクフに移住。まもなく両親がナチスの強制収容所に収容され,母親はそこで死亡した。ポランスキー自身は強制収容所から逃れて戦争を生き延び,14歳で舞台に立つ。のちに 1950年代のポーランド映画復興の立役者であるアンジェイ・ワイダ監督の映画にも出演した。1959年ウッチの映画学校を卒業したが,在学中にすでに数本の短編で賞を獲得。初の長編監督作となるサスペンス映画『水の中のナイフ』Nóz w wodzie(1962)で国際的名声を得た。1962年にポーランドを離れたのち,イギリスやアメリカ合衆国でいくつかの大作映画を制作。ハリウッドで活動中の 1969年,妊娠中だった 2番目の妻で女優のシャロン・テートが,チャールズ・マンソン率いるカルト集団に惨殺される。1977年には未成年者との猥褻行為により逮捕,有罪判決を受けたが,保釈期間中にフランスに逃れた。1989年,『フランティック』Frantic(1988)などに起用したフランスの女優エマニュエル・セニエと結婚。ナチス占領下のポーランドにおける実話を題材にした『戦場のピアニスト』The Pianist(2002)でカンヌ国際映画祭のパルムドール,アカデミー賞監督賞などに輝いた。他の代表作は,『ローズマリーの赤ちゃん』Rosemary's Baby(1968),『チャイナタウン』Chinatown(1974),『テス』Tess(1979)など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ポランスキー

映画監督。パリ生れ。3歳の時ポーランドに移る。第2次大戦後,美術学校と映画学校に学ぶ。長編第1作《水の中のナイフ》(1962年)でベネチア映画祭国際批評家連盟賞を,続く《反撥》(1965年)もベルリン映画祭審査員賞を受賞した。
→関連項目カサベテスニコルソンフォード

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

ポランスキーの関連キーワードアルトゥーロ ペレス・レベルテイエジー スコリモフスキナスターシャ キンスキーシドニー ロームジョン フィンチジョアナ パクラフィオナ ルイスゴーストライターナインスゲートキングスレーオカルト映画ダナウェイ8月18日ポランスキマクベスドヌーブ死と乙女ハーディ袋小路

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ポランスキーの関連情報