ポリシーミックス(読み)ぽりしーみっくす

  • policy mix

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

政策目標を達成するために、いくつかの政策を効果的に組み合わせること。対象とする政策課題の特徴を考慮した上で、長所、短所を組み合わせて相乗効果が出ることが期待される。有名なものとして、1980年代前半に実施された、アメリカの「レーガノミックス」が挙げられる。これは、減税で消費や投資の活性化を狙いつつ、金融政策によりインフレ率を抑制し、さらに規制緩和で経済を活性させ、一気に不況を解決しようとしたポリシーミックスである。近年では、環境政策の分野でも使われることが多い。例えば、リサイクル率を上げるために、ごみの不法投棄の直接規制、ごみの処理手数料の徴収、リサイクルへの助成金の設定などが行なわれている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

経済成長安定、国際収支改善など複数の目標を同時に実現するために、財政金融政策など、経済政策手段を組み合わせ一体化運営をすること。相互衝突あるいは矛盾することが多いいくつかの政策を一体化して調整することで、それぞれの目標の同時達成をねらう。その時々の最適なポリシーミックスを選択するのが政策当局の課題。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ポリシーミックスの関連情報