コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポンピドゥー・センター Centre Pompidou

世界大百科事典 第2版の解説

ポンピドゥー・センター【Centre Pompidou】

パリの中心地区ボーブールBeaubourgにある芸術・文化活動の諸機能を集めたセンター。正称は〈国立ジョルジュ・ポンピドゥー芸術・文化センターCentre national d’Art et de Culture Georges‐Pompidou〉。図書館(BPI。さまざまなインフォメーションも集約),工業創作センター(CCI),音楽・音響の探求と調整の研究所(IRCAM),パリ国立近代美術館(MNAM)などがあり,地域に開かれた活動を目ざしている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ポンピドゥー・センターの関連キーワードジャン・ミッシェル アルベローラモニコでのパンパン踊りトーマス シュッテワールド・アート具体美術協会ロジャース河原温

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ポンピドゥー・センターの関連情報