コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポンピドゥー Georges Pompidou

百科事典マイペディアの解説

ポンピドゥー

フランスの政治家。エコール・ノルマル卒。1944年ド・ゴールの臨時政府に参画,1956年ロスチャイルド銀行総支配人。1958年以降ド・ゴールの第五共和政に協力,1962年―1968年首相となり,1969年ド・ゴール退陣後大統領。ド・ゴールの外交路線を引き継ぐ一方,フランスの経済力の強化にも努めた。1974年急死。
→関連項目ジスカール・デスタンシラクフランスポンピドゥー・センター

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ポンピドゥー【Georges Pompidou】

1911‐74
フランスの政治家。1944年にド・ゴール将軍の官房に入って以来長くその側近の位置にあり,58年6月ド・ゴール政権成立とともに官房長官となる。61年アルジェリア民族解放戦線(FLN)と秘密交渉にあたり,アルジェリア戦争終結に導いた。62年より68年まで首相を務め第五共和政の政治の中心的役割を担う。69年ド・ゴール大統領が辞任してのち,6月に大統領に選ばれた。第五共和政の基本路線は継承しつつも,69年にフラン切下げを断行し,また72年にはイギリスのEC加盟を拒否する政策を放棄するなど,新たな状況への対応を示したが,74年4月大統領在職中に病死した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のポンピドゥーの言及

【第五共和政】より

… こうしてド・ゴール体制はフランスにさまざまな方面の転換をもたらしたが,68年のいわゆる五月革命の後,69年4月地方制度と上院改革の国民投票に敗れてド・ゴールは大統領を辞任した。以後ポンピドゥーが大統領としてド・ゴール体制を引き継いだが,74年急死し,独立共和派のジスカール・デスタンが大統領となった。さらに81年4月の大統領選挙では社会党のミッテランが当選,続く6月の議会選挙でも社会党が躍進して新政権を誕生させ,これに34年ぶりに共産党も入閣した。…

※「ポンピドゥー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ポンピドゥーの関連キーワードジャン・ミッシェル アルベローラポンピドゥー・センターモニコでのパンパン踊りポンピドゥーセンタートーマス シュッテパリ国立近代美術館ワールド・アートプッチャリン具体美術協会独立共和派ロジャースドゴール7月5日河原温

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ポンピドゥーの関連情報