コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポールとビルジニー ポールとビルジニーPaul et Virginie

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポールとビルジニー
Paul et Virginie

フランスの作家ベルナルダン・ド・サン=ピエールの小説。 1787年『自然の研究』の一部として刊行。熱帯のフランス島 (現モーリシャス島) を背景に繰広げられる清新な愛を描いた牧歌的作品で,自然描写にすぐれ,エキゾチスム小説の典型を示した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ポールとビルジニー【Paul et Virginie】

ベルナルダン・ド・サン・ピエールの小説。1788年刊。《自然の研究》(1784)の第4巻として発表。著者が以前滞在したインド洋上のフランス島(現,モーリシャス島)を舞台とした牧歌的純愛物語。美しい自然と善意の人びとのうちに,兄と妹のように育てられた少年ポールと少女ビルジニーはいつしか愛し合うが,少女はパリのおばに呼ばれ旅立つ。しかし文明社会になじもうとしないのに立腹したおばは,彼女を送り帰す。彼女の船は嵐のため島を目前に難破し,少女は波にのみ込まれてしまう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ポールとビルジニー
ぽーるとびるじにー
Paul et Virginie

フランスの作家ベルナルダン・ド・サン・ピエールが『自然の研究』1787年版の最終巻に付け加えた小説。ポールとビルジニーは、フランス島(現在のモーリシャス島)で、社会のもたらす悪影響から免れて、貧しいが、けがれなく幸せな状態で育ち、子供のころから愛し合っている。金持ちで厳しい叔母によって教育のためにフランスへよばれたビルジニーは不幸になる。2年後、島へ戻る際、海岸で、ポールの見ているなか、船が難破して死に、ポールも悲しみから死ぬ。自然のなかにしか幸福はなく、社会のなかでは人間は不幸になるばかりという、自然と社会を対立させる考え方には、ルソーの強い影響がみられる。南海の島の自然や嵐(あらし)の描写は、それまでのフランス文学にはなかったもので、出版されると大成功を収め、現在まで読み継がれてきているベルナルダン・ド・サン・ピエールの唯一の作品である。[原 好男]
『新庄嘉章訳『ポールとヴィルジニー』(角川文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のポールとビルジニーの言及

【ロンゴス】より

…作品の舞台がレスボス島になっていることから,レスボス島の出身と考えられている。牧人小説の祖として重要で,ベルナルダン・ド・サン・ピエールの小説《ポールとビルジニー》やM.ラベルの組曲《ダフニスとクロエ》など近代の文芸・音楽に与えた影響は大きい。【引地 正俊】。…

※「ポールとビルジニー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone