コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マイクロバースト マイクロバースト microburst

翻訳|microburst

4件 の用語解説(マイクロバーストの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マイクロバースト
マイクロバースト
microburst

急激に発達した雷雲積乱雲の下で,地面に吹きつけ,破壊的な強風を巻き起こす気流。ダウンバーストのうち,空間規模が 4km以上のものをマクロバースト macroburst,4km未満のものをマイクロバーストと呼ぶ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

マイクロバースト(microburst)

ダウンバーストのうち、地面にぶつかり向きを変えた突風の水平方向の広がりの直径が4キロメートル未満のもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

マイクロバースト【microburst】

強風の範囲が狭いダウンバースト。 → ダウンバースト

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マイクロバースト
まいくろばーすと
microburst

雷雲(積乱雲)に伴って吹き出す強い下降気流。1975年6月24日、雷雨をついて着陸しようとして100人を超す死者を出した、アメリカジョン・エフ・ケネディ国際空港での航空機事故では、それまで知られていた積乱雲よりも規模は小さかったが、下降気流の吹き出しdowndraft outburstは非常に強かった。そこで、このことばを縮めてダウンバーストdownburstとよび、下降気流が水平に広がったときの直径の大きさが4キロメートル以下のものをマイクロバースト、これより大きいものをマクロバーストmacroburstとよんだ。
 当時は、積乱雲の下降気流は地表面に達する前に水平に流れていくと考えられ、地表面まで強い下降気流があるとは考えられていなかった。下降気流が地表近くまで強まるときには、落下中の空気塊の温度が周囲よりも下がり続ける現象や、落下速度の大きい降水粒子(雹(ひょう)や大粒の雨)が周囲の空気を引っ張る現象(ドラッグdrag)がみられる。前者の原因には降水粒子の蒸発と雹など氷の融解がある。蒸発によるものは地表面に達するころには降水はほとんどなくなるのでドライマイクロバーストdry microburstとよばれる。また、雹などの氷が0℃より温度の高い層を落下すると、融解して空気の温度を下げ、また降水粒子の大きな落下速度によるドラッグ効果も加わって、地表面に達するまで下降気流は増加する。この場合には降水を伴っているので、これをウェットマイクロバーストwet microburstとよぶ。いままでの航空機事故はすべてウェットマイクロバーストによるものである。
 慣性の大きい大型機が進入中に、地面近くで四方に吹き出した追い風に遭遇すると、対気速度は急減し(項目乱気流の「乱気流とウインドシア」の章参照)、さらに下降気流の中では迎え角も小さくなるので、揚力は急減して事故の原因になる。1985年9月4日アメリカのダラス国際空港でのデルタ航空機事故の調査の際に行った数値シミュレーションは優れている。これによると、強い下降気流による冷気の吹き出しは、地面近くでは摩擦があるため上空で先行し、着地してから3分後には周囲の空気との境界(ガスと前線)では非常に大きな風の急変が発生、さらに上側が重い空気であるため乱気流も強かったことが示されている。マイクロバーストによる強い吹き出しの例としては、アメリカのアンドリュース空軍基地での130ノット(67メートル/秒)の瞬間最大風速があり、100ノット以上の継続時間は30秒程度であった。また、アメリカの調査では、これまでの事故ではマイクロバーストは着地してから5分以内に発生している。このため、マイクロバーストのドップラーレーダーによる情報は自動化され、発現と同時に管制塔を通じて着陸機に通報されている。[中山 章]
『藤田哲也ほか著『ダウンバースト(下降噴流) マイクロバースト(小型噴流)とマクロバースト(大型噴流) NIMRODおよびJAWS研究計画の報告』(1985・日本航空機操縦士協会) ▽小倉義光著『お天気の科学――気象災害から身を守るために』(1994・森北出版) ▽中山章著『最新 航空気象――悪天のナウキャストのために』(1996・東京堂出版) ▽加藤寛一郎著『墜落6 風と雨の罠』(2001・講談社) ▽大野久雄著『雷雨とメソ気象』(2001・東京堂出版) ▽デイヴィッド・オーウェン著、青木謙知監訳『墜落事故――機体が語る墜落のシナリオ』(2003・原書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マイクロバーストの関連キーワード強風スカブラ風の子風の音の強風雨横降り類焼風の祝襟裳岬 風の館リーフィング

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マイクロバーストの関連情報