コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マイヤーホーフ マイヤーホーフOtto Fritz Meyerhof

大辞林 第三版の解説

マイヤーホーフ【Otto Fritz Meyerhof】

1884~1951) アメリカの生化学者。ドイツ生まれ。筋収縮に伴う乳酸発生に関する研究を行い、さらに解糖および発酵の化学過程( EMP 図式)を解明。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マイヤーホーフ
まいやーほーふ
Otto Fritz Meyerhof
(1884―1951)

ドイツ出身のアメリカの生理化学者。ハノーバー生まれる。フライブルクベルリンストラスブールハイデルベルクの各大学で学び、初めは精神医学や心理学に関心があったが、のちに生理化学に転じ、1918年キール大学教授、1924年ベルリンのカイザー・ウィルヘルム生物学研究所(現、マックス・プランク研究所)生理学部長、5年後にハイデルベルクの同名の研究所の生理学部長になった。その後ナチスユダヤ人迫害を逃れてフランスに亡命、パリを経て、1940年からアメリカに渡り、ペンシルベニア大学教授となり、フィラデルフィアで死去。初めはウニ卵、細菌、酵母などの呼吸や発酵の研究をしたが、筋肉の乳酸生成量を定量して、そのエネルギー代謝についてイギリスのヒルと共同研究を行い、1922年ノーベル医学生理学賞を2人で受けた。さらに、乳酸の生成過程の研究に発展し、解糖系の解明に進んだ。酵母抽出液中にあるブドウ糖に働く酵素ヘキソキナーゼを発見、その働きにATPアデノシン三リン酸)が関与することを証明し、筋肉の乳酸生成と酵母のアルコール発酵とが基本的には共通の経路であることを明らかにして、当時認められていたノイベルク説にかわる解糖系を1934年に樹立。この研究にはエムデンとパルナスJakob Karol Parnas(1884―1955)のほか多くの研究者が直接間接に関係しているが、この解糖経路EMP(エムデン‐マイヤーホーフ‐パルナス)図式とよばれる。[宇佐美正一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

マイヤーホーフの関連キーワード新藤兼人斎藤寅次郎市川崑木下恵介久松静児マキノ雅広スベルドラップ(Johan Sverdrup)ヒューストン(John Huston)稲垣浩大庭秀雄

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone