コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マイヤーホーフ マイヤーホーフ Otto Fritz Meyerhof

3件 の用語解説(マイヤーホーフの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

マイヤーホーフ(Otto Fritz Meyerhof)

[1884~1951]米国の生理化学者。ドイツ生まれ。ナチスに追われ渡米。筋肉における乳酸の生成などを研究し、筋収縮のエネルギー解糖によって得られることを解明した。1922年ノーベル生理学医学賞受賞。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

マイヤーホーフ【Otto Fritz Meyerhof】

1884~1951) アメリカの生化学者。ドイツ生まれ。筋収縮に伴う乳酸発生に関する研究を行い、さらに解糖および発酵の化学過程( EMP 図式)を解明。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マイヤーホーフ
まいやーほーふ
Otto Fritz Meyerhof
(1884―1951)

ドイツ出身のアメリカの生理化学者。ハノーバー生まれる。フライブルクベルリンストラスブールハイデルベルクの各大学で学び、初めは精神医学や心理学に関心があったが、のちに生理化学に転じ、1918年キール大学教授、1924年ベルリンのカイザー・ウィルヘルム生物学研究所(現、マックス・プランク研究所)生理学部長、5年後にハイデルベルクの同名の研究所の生理学部長になった。その後ナチスユダヤ人迫害を逃れてフランスに亡命、パリを経て、1940年からアメリカに渡り、ペンシルベニア大学教授となり、フィラデルフィアで死去。初めはウニ卵、細菌、酵母などの呼吸や発酵の研究をしたが、筋肉の乳酸生成量を定量して、そのエネルギー代謝についてイギリスのヒルと共同研究を行い、1922年ノーベル医学生理学賞を2人で受けた。さらに、乳酸の生成過程の研究に発展し、解糖系の解明に進んだ。酵母抽出液中にあるブドウ糖に働く酵素ヘキソキナーゼを発見、その働きにATPアデノシン三リン酸)が関与することを証明し、筋肉の乳酸生成と酵母のアルコール発酵とが基本的には共通の経路であることを明らかにして、当時認められていたノイベルク説にかわる解糖系を1934年に樹立。この研究にはエムデンとパルナスJakob Karol Parnas(1884―1955)のほか多くの研究者が直接間接に関係しているが、この解糖経路EMP(エムデン‐マイヤーホーフ‐パルナス)図式とよばれる。[宇佐美正一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マイヤーホーフの関連キーワードケンドルコーンバーグデールビードルメーヤーセントジェルジ理化学ソディーファントホッフホッペ・ザイラー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone