コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マイヤーホーフ Otto Fritz Meyerhof

大辞林 第三版の解説

マイヤーホーフ【Otto Fritz Meyerhof】

1884~1951) アメリカの生化学者。ドイツ生まれ。筋収縮に伴う乳酸発生に関する研究を行い、さらに解糖および発酵の化学過程( EMP 図式)を解明。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マイヤーホーフ
まいやーほーふ
Otto Fritz Meyerhof
(1884―1951)

ドイツ出身のアメリカの生理化学者。ハノーバーに生まれる。フライブルク、ベルリン、ストラスブール、ハイデルベルクの各大学で学び、初めは精神医学や心理学に関心があったが、のちに生理化学に転じ、1918年キール大学教授、1924年ベルリンのカイザー・ウィルヘルム生物学研究所(現、マックス・プランク研究所)生理学部長、5年後にハイデルベルクの同名の研究所の生理学部長になった。その後ナチスのユダヤ人迫害を逃れてフランスに亡命、パリを経て、1940年からアメリカに渡り、ペンシルベニア大学教授となり、フィラデルフィアで死去。初めはウニ卵、細菌、酵母などの呼吸や発酵の研究をしたが、筋肉の乳酸生成量を定量して、そのエネルギー代謝についてイギリスのヒルと共同研究を行い、1922年ノーベル医学生理学賞を2人で受けた。さらに、乳酸の生成過程の研究に発展し、解糖系の解明に進んだ。酵母抽出液中にあるブドウ糖に働く酵素ヘキソキナーゼを発見、その働きにATP(アデノシン三リン酸)が関与することを証明し、筋肉の乳酸生成と酵母のアルコール発酵とが基本的には共通の経路であることを明らかにして、当時認められていたノイベルク説にかわる解糖系を1934年に樹立。この研究にはエムデンとパルナスJakob Karol Parnas(1884―1955)のほか多くの研究者が直接間接に関係しているが、この解糖経路はEMP(エムデン‐マイヤーホーフ‐パルナス)図式とよばれる。[宇佐美正一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

マイヤーホーフの関連キーワードホプキンズ(Sir Frederick Gowland Hopkins)リップマン(Fritz Albert Lipmann)ヒル(Archibald Vivian Hill)エムデン(Gustav Embden)アルギニンリン酸(アルギニン燐酸)フリッツ・アルベルト リップマンピルビン酸代謝経路カール ローマンセブロ オチョアG. エムデンバセットホルンマイヤーホフピルビン酸オチョア酪酸発酵乳酸発酵ハーデンローマン岩崎憲

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android