コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マカベア戦争 マカベアせんそう Maccabean Revolt

4件 の用語解説(マカベア戦争の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マカベア戦争
マカベアせんそう
Maccabean Revolt

セレウコス朝シリア王国の支配下にあったユダヤが政治的・宗教的独立をかちえた戦争 (前 168~141) 。前 168年シリアアンチオコス4世エピファネスがユダヤ人に対するヘレニズム化政策を強化し,エルサレム神殿ゼウス像を持込み偶像礼拝を強制したのに反対してモディンの祭司マッタチアス (マカベア家の祖) が立上がり,同志を糾合してシリア軍に対するゲリラ戦を組織した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

マカベア戦争【マカベアせんそう】

マカバイ戦争とも。セレウコス朝シリアの支配下にあったユダヤ人の反乱。シリア王アンティオコス4世が前168年エルサレム神殿にゼウス像を建て,ユダヤ教の祭儀を厳禁した政策などに対し,ハスモン家ユダ・マカベアユダス・マカバイオス)を指導者としてユダヤ人が蜂起(ほうき)。
→関連項目シリア王国セレウコス朝ユダ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

マカベアせんそう【マカベア戦争】

古代シリア王国治下のユダヤ人反乱。マカベア(ハスモン)家の指導のもとに戦われたのでこの名がある。前3世紀初頭以来,エジプト(プトレマイオス朝)とシリア(セレウコス朝)の支配と影響を受けつつ着々と進んでいたパレスティナのヘレニズム化は,シリアのアンティオコス4世の時代に頂点に達し,宗教的迫害の様相をも帯びるに至った。前168年のエルサレム略奪,神殿じゅうりんに続いて,異教が全国民に強制されるに及んで,ユダス・マカバイオス(ユダ・マカベア)Ioudas Makkabaiosを指導者とするおもに下級祭司を中心とするグループと,律法学者を中心とするハシディーム(敬虔主義者)とが手をつなぎ,ユダヤ教の伝統に固執した人々をも加えて,シリア軍とそれに同調するユダヤ人を相手に執拗な戦いを開始した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マカベア戦争
まかべあせんそう
Macabean war

シリア王国(セレウコス朝)のヘレニズム化政策に反対したユダヤ人の反乱。シリア王アンティオコス4世(在位前175~前163)が、紀元前167年にエルサレム神殿にゼウスやオリンポスの神を導入し、ユダヤ教禁止令を発布した。ヘレニズム化強行を企てたのに対して、ユダヤ人ハスィディーム(敬虔(けいけん)主義者)がハスモン家のマッタティアス(マカベア)を指導者として、アンティオコス4世の圧政・宗教弾圧に対して反乱を起こした。翌年マッタティアスが病死すると、前160年までは三男のイェフダが、前142年まではその弟ヨナタンが反乱を指導し、戦いを続行。前142年、ヨナタンの後を継いだシモンに対し、シリア王デメトリオス2世(在位前145~前140、前129~前125)は朝貢の義務を免除し、ユダヤ人の政治的・宗教的自由の独立を認め、反乱は終結した。前140年、シモンは、エルサレムに招集された「大集会」において大祭司、民族支配者、ユダヤ軍最高司令官に任命され、ユダ王国滅亡以来450年余、ユダヤ人はハスモン家のもとに独立国家を回復した。[高橋正男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のマカベア戦争の言及

【マカベア書】より

…旧約聖書外典および偽典中の書の総称。第1から第4まで四つの《マカベア書》があるが,第1と第2がともにマカベア戦争の経緯を記しているという点を除いて,互いに関連はない。4書とも《七十人訳聖書》に属するが,第1と第2は旧約聖書外典に,第3と第4は同偽典に属する(第3を外典に加えることもある)。…

【ユダヤ教】より

…特にセレウコス朝シリアの王アンティオコス4世は,ユダヤを征服すると,ユダヤ教を禁止してヘレニズム化政策を強行した。信仰を守るため蜂起したユダヤ人は,マカベア党を中心とする反乱(マカベア戦争)を起こし,長い苦闘の末,マカベア(ハスモン)家によるユダヤの独立を回復した。しかし前63年には,ユダヤはローマの属領となり,ローマの属王ヘロデの支配を受けた。…

※「マカベア戦争」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マカベア戦争の関連キーワード嘆きの壁ユダヤ暦両シチリア王国猶太ネブカドネザル二世Биробиджанユダヤ自治州リビアのユダヤ人マナセ・ベン・イスラエルモンティフィオア

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone