コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マクレナン マクレナンMacLennan, Hugh

4件 の用語解説(マクレナンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マクレナン
マクレナン
MacLennan, Hugh

[生]1907.3.20. グレースベイ
[没]1990.11.7. モントリオール
カナダの小説家,エッセイストローズ奨学生としてイギリスオックスフォード大学で学び,1935年プリンストン大学で学位を取得。1951~63年,マギル大学イギリス文学教授。『気圧計上昇』Barometer Rising(1941)で文壇に登場し,第2作『二つの孤独』Two Solitudes(1945)によって,一躍イギリス系カナダの代表的作家と目されるにいたった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

マクレナン
マクレナン
McLennan, John Ferguson

[生]1827.10.14. インバネス
[没]1881.6.16. ケント
スコットランドの社会人類学者。ケンブリッジ大学卒業後,1857年より弁護士として活躍。 71年にはスコットランドの議事法起草者となった。母権制,父権制に関して原始時代の家族や法律制度を研究し,外婚制内婚制の用語を初めて使用した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マクレナン【Hugh MacLennan】

1907‐90
カナダの小説家。第1次大戦中のハリファクスの大爆発事件(1917)に取材した処女小説《気圧計上昇中》(1941)以来,カナダとは何か,という問題に一貫して取り組んできた。カナダにおけるイギリス系とフランス系の対立相克を《二つの孤独》(1945)で描き,このテーマを後年《スフィンクスの帰還》(1967)でさらに追求した。ほかに《断崖》(1949),《各人の息子》(1951),《夜の終りを告げる時計》(1959),《時の中のもろもろの声》(1980)などの小説や《スコッチ系人,くにへ帰る》(1960)などのエッセー集がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マクレナン
まくれなん
Hugh MacLennan
(1907―1990)

カナダの小説家。ノバ・スコシア州生まれ。西洋古典学を専攻したが、長くマギル大学英文科で教鞭(きょうべん)をとった。1917年のハリファックス大爆発に材をとった処女小説『気圧計上昇』(1941)以来、「カナダとは何か」という問題に絶えず作家としてかかわってきた。イギリス系カナダとフランス系カナダの根深い相克を描いた『二つの孤独』(1945)、アメリカとの関係にメスを入れた『断崖(だんがい)』(1948)、スペイン戦争を背景にした『夜明けを告げる時』(1959)、ふたたび英仏両系の対立を扱った『スフィンクス帰還』(1967)などの小説は、すべてカナダの自己確認への真摯(しんし)な試みだった。未来小説『時間の中のもろもろの声』(1980)では一転して人間文明の将来に思いをはせた。ほかに『カナダの七つの河』(1961)などの紀行文やエッセイ集『スコットランド人の里帰り、ほか』(1961)などがある。[平野敬一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

マクレナンの関連キーワード複成片麻岩内褶曲新派劇オスメーニャエンデカッペンクラーク塚原渋柿園綱島梁川朴泳孝ブッセ

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マクレナンの関連情報