コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マコーミック Cyrus Hall McCormick

デジタル大辞泉の解説

マコーミック(Cyrus Hall McCormick)

[1809~1884]米国の発明家。刈り入れ機械を発明して企業を設立し、大手の農機具メーカーに発展させた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

マコーミック

米国の発明家,事業家バージニア地主であった父の研究を継いで,1831年刈取機バインダー)を発明,その製造工場を興した。以後改良を重ね,1847年シカゴに工場を建設,大量販売にも成功。

マコーミック

米国の新聞経営者。弁護士として名声をあげ,1911年《シカゴ・トリビューン》社長となり,いとこパターソンと共同経営。1925年以後単独経営者となり,放送・出版にも手を染めた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マコーミック【Cyrus Hall McCormick】

1809‐84
アメリカの企業家バージニア州に生まれ,農業のかたわら鍛冶屋を営む父のもとで技術を身につけた。1831年,馬力を動力とする小麦の刈取機を発明し,それに改良を加えて特許を得,企業化することに成功。47年シカゴに進出,巨大な工場を設立して量産にのりだし,南北戦争の勃発に伴う農業労働力の不足に乗じ,事業を拡大した。製造工程には,いわゆる部品互換制の原理を導入して規格品の大量生産を行うとともに,技術的な改良によって80年代には1人で刈取りから結束まで可能なバインダーを完成した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マコーミック
まこーみっく
Robert Rutherford McCormick
(1880―1955)

アメリカの新聞経営者。1910年、従兄(いとこ)のパターソンJoseph Medill Patterson(1879―1944)と『シカゴ・トリビューン』紙を共同経営、1925年に単独経営者となる。同紙は反共・孤立主義を掲げた右翼的な編集方針をとり、中西部最大の発行部数を誇った。第二次世界大戦後、アメリカの外交方針、とくにマーシャル・プランや国連政策に反対を表明。1949年にワシントンの『タイムズ・ヘラルド』紙を買収したが、業績不振で1954年『ワシントン・ポスト』紙に売却した。[鈴木ケイ]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

マコーミック

生年月日:1880年7月30日
アメリカのジャーナリスト
1955年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

マコーミックの関連キーワードインターナショナル・ハーベスター[会社]ライシャワー オーガスト・カールインターナショナル・ハーベスターロバート・R. マコーミックインダストリアル・デザインマッキム・ミード&ホワイトジュニア・ボード・システムハロルド・リー アルデンシカゴ・トリビューン特定非営利活動促進法ジョニー レットマンマコーミック・プランバインダー(農業)ヘーマーケット事件機械制大工業地球環境基金ライシャワー戸村 政博ナビスターファーマ

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マコーミックの関連情報