コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マジャンディ マジャンディMagendie, François

3件 の用語解説(マジャンディの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マジャンディ
マジャンディ
Magendie, François

[生]1783.10.15. ボルドー
[没]1855.10.7. パリ近郊サンノア
フランスの実験生理学者。 1808年パリ大学医学部卒業。 31年コレージュ・ド・フランス教授。当時の生気論を排し,生命現象と物理・化学的現象との不分離を主張,実験的研究を重視した。動物実験によって血液循環,呼吸,消化を研究し,脊髄神経の前根は運動性で,後根は感覚性であるとする法則 (ベル=マジャンディの法則 ) を 22年に発表した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マジャンディ【François Magendie】

1783‐1855
フランスの生理学・病理学・薬理学者。ボルドーの生れ。ガレノスの伝統を受け継ぐ体系医学を排し,実験,観察に基礎をおく実証医学の草分けとなった。薬物の純粋精製を試み,ストリキニーネを発見した。同時に臭素の化合物やモルヒネなどを医薬として用い,薬物治療を復興させ,薬理学の基礎を築いた。神経生理学に業績が多く,ベルCharles Bellと独立して脊髄の腹根が運動を,背根が感覚をつかさどることを示した(ベル=マジャンディの法則)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マジャンディ
まじゃんでぃ
Franois Magendie
(1783―1855)

フランスの生理学者。ボルドー生まれ。1803年聖ルイ病院の医学生となり、医学校で解剖学と生理学を学び、初め解剖学者として身をたてたが、生理学に転じた。1809年ジャワ産の毒物に関する毒物効果の動物試験の結果を報告、これは最初の薬物学的実験といわれる。1830年コレージュ・ド・フランスの生理学教授となり、パリのオテル・ディユ病院の医師を兼務。脊髄(せきずい)神経の機能を研究し、脊髄前根は運動を、後根は知覚をつかさどるという「ベル‐マジャンディの法則」を確立、また血流、嚥下(えんげ)、嘔吐(おうと)の機構を研究した。1821年の『実験生理学雑誌』創刊など、フランスにおける実験生理学の先駆的業績をあげた。[大鳥蘭三郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のマジャンディの言及

【ベル=マジャンディの法則】より

…ベルCharles Bell(1774‐1842)が1811年に脊髄前根が運動性であることを発見し,次いでF.マジャンディが22年に後根が感覚性であり前根が運動性であることを実験的に証明した。このため,この事実を一般に〈ベル=マジャンディの法則〉という。…

※「マジャンディ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

マジャンディの関連キーワード天明の飢饉桂川甫三木室卯雲真如海唐来参和ボリーバル鎌原村遺跡児童文学森田勘弥浅間山

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone