マズルカ(英語表記)mazurka

翻訳|mazurka

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マズルカ
mazurka

ポーランドの民俗舞踊および,その舞曲。2拍,または3拍目にアクセントのくる3拍子の曲で,舞踊は通常4組または8組の男女によって踊られる。 16世紀頃マゾフシェ地方で発達し,18世紀中頃までにドイツ,19世紀にフランス,イギリスの上流社会の舞踏会に取入れられて普及した。足を踏鳴らすのが特徴で,55種のステップがあるといわれる。芸術音楽としては,ショパンが民俗的旋法を使用して 51曲を作曲したほか M.グリンカチャイコフスキー,K.シマノフスキらの作品が知られている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マズルカ【mazurka】

舞曲。本来はマズレクmazurek(ポーランド語)という名で,ポロネーズと並ぶポーランドの代表的民俗舞曲の一つ。ショパン以後,〈マズルカ〉という曲名が広く知られるようになったが,フランスやドイツで19世紀前半から20世紀にかけて流行したマズルカを〈ポルカ・マズルカ〉といい,ポーランドの伝統的な民俗舞曲マズレクとは区別し,音楽的にも異なったものである。古いマズレクは,14世紀に流行した記録も残っている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

マズルカ【mazurka】

ポーランドの民族的な踊り。また、その舞曲。四分の三または八分の三拍子による活発なリズムで、第二あるいは第三拍目を強調。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マズルカ
まずるか
mazurmazurekポーランド語
mazurka 英語 フランス語
Mazurkaドイツ語

ポーランドの民族舞踊。名称は、マゾフシェ地方の人々(マズル)が踊っていたことに由来する。多くの種類があり、それぞれ速度、ステップ、雰囲気が異なるが、一般にはオベルタスobertas(非常に速く旋回する)、マズル(中庸の速さ)、クヤビアクkujaviak(ゆっくりとした動き)などが知られている。いずれも三拍子で、二拍目か三拍目にアクセントが置かれる。伴奏楽器はフィドル(バイオリン)とドゥダ(一種のバッグパイプ)。また、歌われることもあった。
 マズルカは農民から上流階級へと伝わり、17世紀ごろから器楽曲としてポーランド周辺の国々に伝わっていくが、19世紀に入って、とくにショパンを通じてヨーロッパに広まる。ショパンには、この舞曲特有の旋律やリズム、さらには長調と短調の間を揺れ動く和声などを、独自の様式と結び付けた詩情豊かな約50曲のピアノ作品がある。その他の作曲家としては、ポーランドのシマノフスキ、ポーランド以外ではリスト、フォーレ、スクリャービンなどがいずれもピアノ曲をつくっている。[関根敏子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のマズルカの言及

【ポーランド音楽】より

…器楽ではハチェフスキA.HaczewskiやボフダノビチBazyli Bohdanowicz(1740‐1817)の交響曲,ヤニェビチFelix Janiewicz(1762‐1848)の二つのバイオリンとチェロの〈三重奏曲〉,オギンスキMichał Kleofas Ogińskiによる当時の悲劇的社会を反映した感傷的なポロネーズ《祖国よさらば》などのピアノ曲がある。独立運動の中で多くの愛国歌が作られたが,とくに国外で独立のために闘ったポーランド師団の歌《ドンブロフスキのマズルカ》は1797年以来広く歌われ,1927年から国歌となった。また愛国歌のほかに市民の間ではオペラのアリアや歌謡曲が歌われ,歌謡曲の《ラウラとフィロン》はショパンの《ポーランド民謡による幻想曲》作品13にもとり入れられた。…

※「マズルカ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

マズルカの関連情報