コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マツブサ(松房) マツブサSchisandra nigra

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マツブサ(松房)
マツブサ
Schisandra nigra

マツブサ科のつる性落葉木本。ウシブドウともいう。日本全土,朝鮮半島南部に分布し,山地に生える。茎は長く伸び,まばらに分枝する。全体に無毛で葉は互生し卵形で柄があり,托葉はない。短枝にまとまって数枚ずつつく。5~6月に,淡黄白色の花を1個ずつ腋生する。雌雄異株で,萼片は6~12個あり花弁状をなす。おしべは癒合する。雌花の心皮は多数で各2個の胚珠があり,結実すると花托が伸びて液果を穂状につけ,藍黒色に熟し,種子を2個つける。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android