コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マツムシ(松虫) マツムシXenogryllus marmoratus

世界大百科事典 第2版の解説

マツムシ【マツムシ(松虫) Xenogryllus marmoratus】

淡褐色をした中型のコオロギの1種(イラスト)。スズムシとともに鳴く虫の代表として古くから親しまれてきた虫。別名チンチロリン。草の根際にすむ。直翅目マツムシ科Eneopteridaeの昆虫。東南アジアに広く分布し,日本では本州までいる。体長22~25mm。頭部は小さく,前胸背板の前縁と同じ幅。頭頂は丸みを帯び,触角は細い。眼は小さく,丸く突き出ている。後頭部黄褐色のしまがある。前胸背板は小さく,後縁に向かってやや幅広となり,その背面中央部に太い褐色の縦帯がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のマツムシ(松虫)の言及

【ハルゼミ(春蟬)】より

…半翅目セミ科の昆虫。マツに限ってすむことからマツゼミ,マツムシとも呼ばれる。その名のとおり,日本本土ではもっとも早く,春に出現する。…

※「マツムシ(松虫)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

マツムシ(松虫)の関連キーワード淡褐色

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android