コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マツモムシ マツモムシ Notonecta triguttata

3件 の用語解説(マツモムシの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マツモムシ
マツモムシ
Notonecta triguttata

半翅目異翅亜目マツモムシ科。体長 13mm内外。体はやや細長く,背面はふくらみ,腹面は平たい。全体に汚黄白色で,前胸背中央部,小楯板 (しょうじゅんばん) ,爪状部,半翅鞘などは黒色または黒色斑があるが,変異が多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

マツモムシ

半翅(はんし)目マツモムシ科の水生昆虫の1種。日本と朝鮮に分布。体長13mm内外,汚黄色に黒斑がある。池沼,水田などの静水にすみ,水面下を腹面を上にして泳ぐので人目をひきやすい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マツモムシ
まつもむし / 松藻虫
back swimmer

昆虫綱半翅(はんし)目異翅亜目マツモムシ科Notonectidaeに属す昆虫の総称、またはそのなかの1種。この科の昆虫は体長4~16ミリメートル、水生で背を下にして泳ぐ。体はボートのような形で、前脚と中脚が捕獲脚となり、後脚は長くオールのような遊泳脚となる。日本には約10種が知られる。
 マツモムシNotonecta triguttataは、水草の生えた静水中に普通にみられる。体長13ミリメートル内外、体は黄色で大きな黒斑(こくはん)がある。水生の小昆虫、オタマジャクシ、小魚などを捕食し、不用意に手などでとらえると口吻(こうふん)により刺されることがある。早春、水面に浮かんだ葉の裏に卵塊を産む。琉球(りゅうきゅう)諸島以外の日本全土に分布し、国外では朝鮮半島から知られる。[林 正美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マツモムシの関連キーワード異翅類同翅類松藻虫椿象アオクサカメムシカメムシ(亀虫∥椿象)グンバイムシ(軍配虫)ツチカメムシ(土亀虫)ホシカメムシ(星亀虫)マツモムシ(松藻虫)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マツモムシの関連情報