コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マテガイ マテガイSolen strictus; razor shell

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マテガイ
Solen strictus; razor shell

軟体動物門二枚貝綱マテガイ科。別名カミソリガイ長 12cm,殻高 1.6cm,殻幅 1.2cm。殻は薄く,細長く,背腹は平行する。前端は背腹縁に斜めに,後端は直角になる。殻表は黄色の光沢のある殻皮でおおわれている。軟体の足は楔状で長く,殻の前端から出る。出・入水管は殻の後端から出るが,互いに癒着してつくし状になり,節のところで容易に自割する。北海道南部から九州,朝鮮半島,中国の内湾潮間帯砂泥底に楕円形の穴を深く掘ってすむ。その穴に食塩,尿素を入れると反射的に穴の口に殻を突き出すため,この習性を利用して採取する。また,穴へマテ突きという矢形の金棒を差込んでとることもある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

マテガイ

マテガイ科の二枚貝。カミソリガイとも。高さ1.6cm,長さ12cm,幅1.2cm。両殻を合わせると円筒形になり,前後両端は密着しない。北海道南部〜九州,朝鮮半島,中国北部の内湾の潮間帯の砂底にすみ,30cmほどの深さの穴にもぐってすむ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マテガイ
まてがい / 馬刀貝・蟶
Gould's jack-knife clam
[学]Solen gouldi

軟体動物門二枚貝綱マテガイ科の二枚貝。北海道南部以南の日本各地、ならびに朝鮮半島、台湾、中国沿岸にも分布し、内湾の砂泥底に潜入してすんでいる。殻長12センチメートル、殻高1.6センチメートル、殻幅1.2センチメートルに達し、両殻をあわせた状態ではやや円筒形状で、前端は斜めに切断したようであり、後端は直角に切れていて、前端、後端とも両殻の間は広く開いている。殻頂はまったく突出せず、側面からみると、細長い西洋かみそりのようにみえるところから「カミソリガイ」の俗名もある。殻表は藁(わら)色の光沢のある殻皮に覆われている。内面は白色。殻の前端からはくさび形の足が出て、これによって砂の中に深く潜ることができる。殻の後端からは癒着して1本になった入水管と出水管が出る。この出・入水管は、刺激を与えられると、その先端にあたかも節があるように眼鏡形に自切する性質がある。潮が引いた砂泥底の干潟には、マテガイの水管の出入りした所に浅いくぼみ(俗に「目」という)ができ、その存在がわかる。このくぼみに食塩を入れると、マテガイはその刺激で穴の口へ殻の後半が露出するまで跳ね出る性質があるので、すばやくつかみ取ることができる。しかし、一度砂に戻って潜ってしまうと非常に深く入るので、採取は困難になる。漁業者は、矢のような形をした金属棒を穴に突き入れてマテガイをとる。これをマテ突き漁という。
 このほか市場にマテガイとして出ているものに、アカマテガイS. gordonisとエゾマテガイS. krusensterniがある。前者は本州以南に分布し、殻長11センチメートル、殻高2センチメートルぐらいで、マテガイより太く短い。殻に淡紅色の斑(はん)がある。後者はほぼ同様の大きさの種で、北海道から本州中部までに分布し、暗褐色である。ともにマテガイ同様食用とされ、殻付きで焼いたり、むき身、干物にもなり、わずかに渋味があるが美味である。また、市場では、まれにアゲマキガイもマテガイと誤称され売られていることがある。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

マテガイの関連キーワードプーティエン特別市ハイタン(海壇)島カイヤドリウミグモマテガイ(馬刀貝)馬蛤・馬刀・蟶アゲマキガイアカマテガイコンコセリスエゾマテガイ蝦夷馬刀貝マテバシイ薔薇斑馬刀薔薇斑蟶イシワリ赤馬刀貝大馬刀貝蝦夷馬刀馬刀貝馬蛤貝両手肩

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マテガイの関連情報