コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マネジメントバイアウト まねじめんとばいあうと

人材マネジメント用語集の解説

マネジメントバイアウト

・management byout:MBO
・経営陣が会社オーナー(株主)から事業を買収する手法のうちのひとつ。
・経営陣がベンチャーキャピタルからの出資や銀行などからの融資を受けて買収会社を設立し、元の会社から株式を買い取り経営権を取得、買い取った会社と買収会社を合併させて新会社を設立する。
・欧米で多く採用されている手法だが、近年日本でも当該手法によって買収を行い、上場廃止を行う会社も増えている。株主の短期的な収益志向から脱却し、中長期的な視点で抜本的に会社を立て直す(改善する)ために用いられるケースも多い。

出典|(株)アクティブアンドカンパニー人材マネジメント用語集について | 情報

株式公開用語辞典の解説

マネジメントバイアウト

別名、MBO(Management Buyout)という。 経営者や従業員が、自己資金は少なくても、金融支援(=買収をしようとする企業の資産や将来のキャッシュフローを担保として投資ファンド等からの出資・金融機関からの借入れなどを行うこと)を受けることによって、自社の株式や一事業部門を買収し、会社から独立する手法のこと。具体的には、親会社から子会社や一事業部門を切り離す際、第三者に売却せず、経営者や従業員がその株式を取得し、会社から独立するために用いられることが多い。また、株式公開のメリットが薄れた上場会社が、将来的な敵対的買収の懸念から、会社自ら株式非公開に踏み切るための手段として活用されることもある。なお、親会社から分離される子会社・一事業部門を分離する際、その株式を親会社の株主に割当てることをスピンオフという。

出典|株式公開支援専門会社(株)イーコンサルタント株式公開用語辞典について | 情報

M&A用語集の解説

マネジメントバイアウト

経営陣による企業買収。企業の経営者や幹部社員等が、その企業の一部もしくは全部を買収して経営権を握り独立する手法。いわゆる「のれん分け」に近い効果があり、LBOや投資ファンドからの出資を受けることにより買収資金の調達が行われることが多い。日本でも株式の非公開化 (プライベタイゼーション) のため、ワールド、ポッカ、すかいらーくなどの大企業が続々と導入している。

出典|株式会社ストライクM&A用語集について | 情報

マネジメントバイアウトの関連キーワードマネジメント・バイアウトゴーイングプライベート株式非公開化森口瑤子

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マネジメントバイアウトの関連情報