コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マネーストック統計 マネーストックトウケイ

1件 の用語解説(マネーストック統計の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

マネーストック‐とうけい【マネーストック統計】

金融機関から経済全体に供給されている通貨の総量(マネーストック)を示す統計。一般企業・個人・地方公共団体地方公営企業など、金融機関中央政府を除く経済主体が保有する通貨量の残高を集計したもの。日本銀行が月次集計し、対象月の翌月に速報を、翌々月に確報を公表している。
[補説]郵政民営化金融商品の多様化などによる環境の変化に対応するため、日本銀行は従来の「マネーサプライ統計」を見直し、集計対象や指標の定義を改定。平成20年(2008)6月から名称を「マネーストック統計」に変更し、「M1」「M2」「M3」「広義流動性」の4種類の指標を公表している。代表的な指標はM3。一般論として、マネーストックと景気動向には相関関係があるとされ、日銀が金融調節の判断材料として利用している(マネーストックが増加しインフレが懸念される場合は政策金利を引き上げ、マネーストックが減少し景気後退が懸念される場合は政策金利を引き下げる)。以前のマネーサプライ統計では「M1」「M2+CD」「M3+CD」「広義流動性」の4種類の指標が使用され、M2+CDが代表的な指標とされていた。旧M2+CDは新M2にほぼ対応するが、新しいマネーストック統計では、民営化されたゆうちょ銀行の他、農業協同組合信用組合などが発行する金融商品まで含めたM3が代表的な指標となっている。証券会社短資会社および非居住者の保有通貨は集計対象から除外された。集計対象が最も広い広義流動性では、少数の投資家を対象とする私募投資信託や銀行が発行する普通社債なども集計対象に加えられている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マネーストック統計の関連キーワードマネーサプライ金融機関共同債権買取機構ユーロ市場金融公庫信用収縮マネーストック栄養供給量マネタリー・ベース(Monetary base)当座預金残高

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マネーストック統計の関連情報