コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マネーストック マネーストック money stock

2件 の用語解説(マネーストックの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

マネー‐ストック(money stock)

金融機関から経済全体に供給されている通貨の総量。一般企業・個人・地方公共団体地方公営企業など、金融機関中央政府を除く経済主体が保有する通貨量の残高。→マネーストック統計

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マネーストック
まねーすとっく
money stock

金融部門から経済全体に供給される通貨総量であり、企業、個人、地方公共団体などの通貨保有主体が保有する流通通貨量の残高を集計したもの。2008年(平成20)の通貨統計見直しの際、「流通通貨総量は金融機関の与信行動と企業・家計の通貨需要の相互作用によって決定される」という海外との共通認識から従来のマネーサプライ統計が廃止され、新たに採用された貨幣概念である。
 日本銀行のマネーストック統計は、通貨や発行主体の範囲に応じてM1、M2、M3、広義流動性の四つの統計指標が2003年4月までさかのぼって公表されている。M1は、通貨保有主体がもっとも容易な決済手段として保有する通貨をさし、現金通貨(日本銀行券、補助貨)と全預金取扱金融機関(日本銀行を除く都市銀行や地方銀行、第二地方銀行、信託銀行などの国内銀行、外国銀行在日支店、信金中央金庫、信用金庫、農林中央金庫、商工組合中央金庫、ゆうちょ銀行、信用組合、全国信用協同組合連合会、労働金庫、労働金庫連合会、農業協同組合、信用農業協同組合連合会、漁業協同組合、信用漁業協同組合連合会)に預けられた預金通貨の合計である。M2は現金通貨にゆうちょ銀行を除く国内銀行、外国銀行在日支店、信金中央金庫、信用金庫、農林中央金庫、商工組合中央金庫に預けられた預金の合計であり、マネーサプライ統計上もっとも代表的な通貨統計であったM2+CD(譲渡性預金)の後継指標である。M3は現金通貨に全預金取扱金融機関に預けられた預金の合計であり、M1に定期性預金(準通貨)とCDを加えたものである。広義流動性はM3に金銭の信託、投資信託、金融債、銀行発行の普通社債、金融機関発行のコマーシャルペーパー(CP)、国債・政府短期証券、外債といった流動性を有する金融商品を加えたものである。[金子邦彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マネーストックの関連キーワードマネーサプライ金融機関共同債権買取機構ユーロ市場金融公庫信用収縮マネーストック統計栄養供給量マネタリー・ベース(Monetary base)当座預金残高

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マネーストックの関連情報