コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マフグ マフグTakifugu porphyreus

3件 の用語解説(マフグの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マフグ
マフグ
Takifugu porphyreus

フグ目フグ科の海水魚。全長 50cm内外。体の背面は暗褐色,腹面は白く,尻鰭が黄色を帯び,胸鰭近くに顕著な黒斑がある。皮膚には小棘がなく体はなめらか北海道以南,日本海東シナ海黄海に分布する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

マフグ

フグ科の魚。全長50cmに達する。皮膚にとげがないためナメラフグとも呼ばれる。胸びれ後方に大型の黒紋が1個。サハリン南西部〜日本各地,東シナ海に分布し,沿岸にすむ。
→関連項目フグ(河豚)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マフグ
まふぐ / 真河豚
[学]Takifugu porphyreus

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。樺太(からふと)(サハリン)以南、日本各地の沿岸、東シナ海に分布する。体の表面には小棘(しょうきょく)がまったくなく滑らかであるためナメラフグともよばれる。体の背側は暗褐色で腹側は白く、体側下方に黄色の縦線が1本走る。胸びれ後方の体側と背びれ基部に黒紋がある。幼魚や若魚には背側に多数の小白斑(はくはん)がある。臀(しり)びれは黄色。体長40センチメートル。肝臓と卵巣は猛毒、皮膚と腸は強毒、精巣は無毒である。[松浦啓一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

マフグの関連キーワードミズカンナギャレックスGALEX伊豆群発地震レペノマムス島根の青銅器遺跡地帯環濠集落シーバスフィッシングガイドランナー新広島市民球場

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マフグの関連情報