コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ママコナ(飯子菜) ママコナMelampyrum roseum var. japonicum; cowwheat

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ママコナ(飯子菜)
ママコナ
Melampyrum roseum var. japonicum; cowwheat

ゴマノハグサ科の一年草で,日本全土と朝鮮半島に分布する。乾いた山林に生える半寄生植物。茎は 20~50cmで直立する。葉は対生し,全縁,長さ3~5cmの長卵形で先はとがり短い柄をもつ。6~8月に,茎頂に白い軟毛の密生した総状花序をつける。包葉葉状で緑色,縁には刺毛状の鋸歯があり,両面に短毛がある。萼は毛が多く,裂片は細くてとがる。花冠は長さ 2cmほどの紅色の筒形で先は唇形である。 蒴果は先がとがり,中に黒褐色種子が2個ある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ママコナ(飯子菜)の関連キーワードゴマノハグサ科