マルウエア(読み)まるうえあ(英語表記)malware

知恵蔵の解説

マルウエア

悪意を持って作成されたソフトウエアのこと。malは「悪の」という意味の接頭辞コンピューター・ウイルススパイウエアなど、被害を起こすことを目的に作られた有害なソフトを総称したもの。海外のセキュリティーソフトメーカーなどを中心に使用されている言葉だが、日本ではこれらをまとめて「ウイルス」と呼ぶことが慣習化しており、マルウエアという呼称の定着を困難にしている。

(斎藤幾郎 ライター / 西田宗千佳 フリージャーナリスト / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

パソコンで困ったときに開く本の解説

マルウエア

「malicious(悪意ある)software」の略称で、ウイルス、スパイウエアなど、他者に被害を与える目的で作られたソフトウエアの総称です。「クライム(犯罪)ウエア」などと呼ばれることもあります。
⇨コンピュータ・ウイルストロイの木馬
ボット/ボットネットワーム

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

大辞林 第三版の解説

マルウエア【malware】

〔malicious software(悪意あるソフトウエア)の略〕
悪意のもとに開発・利用されるソフトウエアの総称。コンピューターウイルス、ワーム、スパイウエア、悪意で用いられるキーロガーなど。 → コンピューターウイルス ・ワームスパイウエア ・キーロガー

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マルウエアの関連情報