コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルティニーク島 マルティニークとう Île de la Martinique

3件 の用語解説(マルティニーク島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マルティニーク島
マルティニークとう
Île de la Martinique

西インド諸島東部,小アンティル諸島南東部,ウィンドワード諸島北部にある島。フランス海外県をなし,中部西岸に県都フォールドフランスがある。三つの山塊からなる火山島で,最高峰は北部のプレー山 (1397m) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

マルティニーク‐とう〔‐タウ〕【マルティニーク島】

Martinique》西インド諸島東部、ウィンドワード諸島中部の火山島。フランス海外県の一。ドミニカの南、セントルシアの北。中心都市フォール‐ド‐フランス。砂糖・ラム酒を産出。人口44万(2006)。マルティニク島。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マルティニーク島
まるてぃにーくとう
Martinique

西インド諸島東部、小アンティル諸島中のウィンドワード諸島中部の島。フランスの海外県の一つで、面積1128平方キロメートル、人口38万1427(1999)。中心都市はフォール・ド・フランス。火山島で、南部は丘陵地であるが、北部には標高1397メートルのプレー火山がそびえる。おもな産業は農業で、サトウキビバナナなどの輸出用作物が栽培される。工業はラム酒の製造と製糖およびパイナップル缶詰の生産がおもなものである。1502年コロンブスが到達、1635年フランス人の植民が始まった。ナポレオン1世の皇后ジョゼフィーヌの生地である。[菅野峰明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マルティニーク島の関連キーワードシェトランド諸島大アンティル諸島西インド諸島バージン諸島東インド諸島ブードゥー教ゼットランド諸島イスパニオラ[島]小アンティル[諸島]モナ海峡

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マルティニーク島の関連情報