コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルブランシュ マルブランシュ Malebranche, Nicolas de

4件 の用語解説(マルブランシュの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マルブランシュ
マルブランシュ
Malebranche, Nicolas de

[生]1638.8.6. パリ
[没]1715.10.13. パリ
フランスの哲学者,カトリック司祭。 1654~56年ラ・マルシュ学院で哲学を,56~59年パリ大学で神学を学び,60年オラトリオ会に入会,64年司祭。その頃デカルトの著作に衝撃を受け,哲学を志した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

マルブランシュ(Nicolas de Malebranche)

[1638~1715]フランスの哲学者・神父。アウグスチヌス神学とデカルト哲学を結合、機会原因論を唱え、すべては、原形としての観念を神の中にもつと説いた。著「真理の探究」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

マルブランシュ【Nicolas de Malebranche】

1638~1715) フランスの哲学者。科学的真理ではなく、人間精神と神との結びつきについての真理を探究。機会原因論・万有内在神論を特徴とする。主著「真理の探究について」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マルブランシュ
まるぶらんしゅ
Nicolas de Malebranche
(1638―1715)

フランスの哲学者。パリに生まれ、ソルボンヌ大学で神学を学ぶ。1660年アウグスティヌス主義にたつオラトワール会に入る。1664年司祭。同年、偶然デカルトの著作を読み、哲学的使命を自覚する。10年後『真理の探究』を世に問い、以後『キリスト教的対話』(1677)、『自然と恩寵(おんちょう)』(1680)、『形而上(けいじじょう)学と宗教に関する対話』(1688)、『神の存在をめぐるキリスト教哲学者と中国の哲学者との対話』(1708)などを次々と刊行した。万象は神の媒介によって生じるもので、たとえば物体相互の接触や心身の変化は神の作用の「機会」にすぎないという「機会原因論」を主唱した。そして彼はこの立場から、アウグスティヌス神学とデカルト哲学との総合を企て、壮大な形而上学体系を構築した。認識論的には、アウグスティヌスのイデア説を継承し、「われわれは万物を神のうちに観(み)る」と考える。彼によれば人間精神の物体認識は、神の理性における物体のイデア(叡知(えいち)的延長)の直観によって初めて可能になるとされた。また、唯一の作用原因たる神が「一般法則」によって世界を支配するが、この「一般法則」を分化実現する「機会原因」としての一定の役割が、心身問題のみならずすべての被造物にも認められ、摂理と自由の問題の解決が図られた。だが、キリスト教の教義や奇跡を法則によって合理的に説明する態度は、ボシュエやアルノーらとの激しい論争を生んだ。また彼は幾何学者、自然学者でもあり、『運動伝達論』などの業績で、1699年科学アカデミーの会員にも選ばれている。[香川知晶]
『竹内良知訳『真理の探求』(1949・創元社) ▽桂寿一著『デカルト哲学とその発展』(1966・東京大学出版会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マルブランシュの関連キーワードエヌパリジェンヌ没・歿勃・歿・没三角数n-6脂肪酸ヘパラン硫酸Diaz de la Peña,N.ペリパリオ,N.

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone