コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルブランシュ Malebranche, Nicolas de

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マルブランシュ
Malebranche, Nicolas de

[生]1638.8.6. パリ
[没]1715.10.13. パリ
フランスの哲学者,カトリック司祭。 1654~56年ラ・マルシュ学院で哲学を,56~59年パリ大学で神学を学び,60年オラトリオ会に入会,64年司祭。その頃デカルトの著作に衝撃を受け,哲学を志した。後年恩恵論争に巻込まれ,A.アルノーと激しい論争を展開した。 99年科学アカデミー会員。デカルト哲学の研究から出発し,アウグスチヌス,新プラトン主義の伝統を取入れ,信仰と哲学を統合したキリスト教哲学を樹立。一切の現象の真の原因を神にだけ認める偶因論の確立者であり,その原理は認識論的には「万物を神においてみる」という命題に要約される。主著真理の探究』 De la recherche de la vérité (3巻,1674~78) ,『自然と恩恵について』 Traité de la nature et de la grâce (89) ,『形而上学と宗教についての対話』 Entretiens sur la métaphysique et la religion (88) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

マルブランシュ(Nicolas de Malebranche)

[1638~1715]フランスの哲学者・神父。アウグスチヌス神学とデカルト哲学を結合、機会原因論を唱え、すべては、原形としての観念を神の中にもつと説いた。著「真理探究」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

マルブランシュ【Nicolas de Malebranche】

1638~1715) フランスの哲学者。科学的真理ではなく、人間精神と神との結びつきについての真理を探究。機会原因論・万有内在神論を特徴とする。主著「真理の探究について」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マルブランシュ
まるぶらんしゅ
Nicolas de Malebranche
(1638―1715)

フランスの哲学者。パリに生まれ、ソルボンヌ大学で神学を学ぶ。1660年アウグスティヌス主義にたつオラトワール会に入る。1664年司祭。同年、偶然デカルトの著作を読み、哲学的使命を自覚する。10年後『真理の探究』を世に問い、以後『キリスト教的対話』(1677)、『自然と恩寵(おんちょう)』(1680)、『形而上(けいじじょう)学と宗教に関する対話』(1688)、『神の存在をめぐるキリスト教哲学者と中国の哲学者との対話』(1708)などを次々と刊行した。万象は神の媒介によって生じるもので、たとえば物体相互の接触や心身の変化は神の作用の「機会」にすぎないという「機会原因論」を主唱した。そして彼はこの立場から、アウグスティヌス神学とデカルト哲学との総合を企て、壮大な形而上学体系を構築した。認識論的には、アウグスティヌスのイデア説を継承し、「われわれは万物を神のうちに観(み)る」と考える。彼によれば人間精神の物体認識は、神の理性における物体のイデア(叡知(えいち)的延長)の直観によって初めて可能になるとされた。また、唯一の作用原因たる神が「一般法則」によって世界を支配するが、この「一般法則」を分化実現する「機会原因」としての一定の役割が、心身問題のみならずすべての被造物にも認められ、摂理と自由の問題の解決が図られた。だが、キリスト教の教義や奇跡を法則によって合理的に説明する態度は、ボシュエやアルノーらとの激しい論争を生んだ。また彼は幾何学者、自然学者でもあり、『運動伝達論』などの業績で、1699年科学アカデミーの会員にも選ばれている。[香川知晶]
『竹内良知訳『真理の探求』(1949・創元社) ▽桂寿一著『デカルト哲学とその発展』(1966・東京大学出版会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

マルブランシュの関連キーワードバークリー(George Berkeley)作品(作者によって生み出されたもの)コギト・エルゴ・スムメーヌ・ド・ビランマールブランシュカルテジアニスムオントロジズム世界内在神論フランス哲学デカルト派8月6日楽天主義心身問題アンドレ生得観念知的延長フーシェコリアーグイエ観念論