コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

機会原因論 キカイゲンインロン

6件 の用語解説(機会原因論の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きかいげんいん‐ろん〔キクワイゲンイン‐〕【機会原因論】

精神にも物体にも独自の作用因を認めず、それを神だけに帰する説。心身間に直接の相互作用を否定し、唯一真なる原因である神が精神あるいは身体の一方を機会原因として他方に働きかけるとする。ゲーリンクスマルブランシュらが唱えた。偶因論。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

機会原因論【きかいげんいんろん】

フランス語occasionalismeなどの訳。〈偶因論〉とも。デカルトが心身分離の二元論を説いたのに対し,G.ド・コルドモアゲーリンクスマールブランシュらが説いたもの。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

きかいげんいんろん【機会原因論 occasionalism】

偶因論ともいう。デカルト以後の哲学の重要問題であった心身問題や神と世界の問題を,神の作用を強調する方向で解決しようとして,17世紀後半のデカルト学派の哲学者コルドモアGéraud de Cordemoy,ゲーリンクスマールブランシュらが立てた説。世界の事象の唯一の真なる原因は神であって,これらの事象の自然的原因はすべてただ神の作用の機会原因,すなわち神がその事象を生起させる際の条件にすぎないとされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

きかいげんいんろん【機会原因論】

精神と身体は直接の相互関係をもたず、神という唯一の原因の機縁(機会原因)としてのみ感覚し運動しているという考え。デカルトの物心二元論の矛盾に対してゲーリンクス・マールブランシュによって提出された。偶因論。 → 心身二元論並行論

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

機会原因論
きかいげんいんろん

偶因論」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

機会原因論
きかいげんいんろん
occasionalism

偶因論ともいう。デカルト哲学の残した心身関係と自由の問題解決を目ざして現れた学説。コルドモアやゲーリンクスにみられるほか、マルブランシュがこの学説にたつ一大形而上(けいじじょう)学を展開した。デカルトは精神と物体(身体)の二元論をたて、両者をそれぞれ「思考」と「延長」を本質とする異種の実体と認めると同時に、人間の精神と身体との合一をも承認した。これに対し、この学説は二元論を貫徹し、異種の実体間の直接的相互作用を否定する。神のみが結果を現実に産出する能力をもつ。精神にある変化が生じるとき、それを「機会原因」causa occasionalis(ラテン語)として、神がそれに対応する変化を物体に生じさせるのであって、直接に精神が物体(身体)に作用を及ぼすのではない。逆もまた同じであるとされる。さらには、物体相互間にも同じ考えが適用された。こうして、デカルトと比べると、機会原因論では人間精神をはじめ被造物の神に対する受動性が著しく強調されることになった。[香川知晶]
『桂寿一著『デカルト哲学とその発展』(1966・東京大学出版会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の機会原因論の言及

【ゲーリンクス】より

…ベルギーのアントワープに生まれ,ルーバン大学に学んで,のち同大学の教授,ついでオランダのライデン大学教授となり同地で没した。代表的な機会原因論者の一人。デカルトは精神と物体とを独立する実体として分離しながら,人間においては心身結合をみとめたが,ゲーリンクスは両者の直接的相互作用を否定し,身体の刺激によって精神に感覚が生じたり,精神が意志によって身体を動かす場合も,真の作用者は神のみであって,神が身体の刺激または精神の意志を〈道具〉ないしは〈機会〉として感覚または身体の運動を生ぜしめるとした。…

【心身平行論】より

…物的事象はあくまで他の物的事象とのみ,心的事象は他の心的事象とのみ因果連関をなし,両系列の間には相互作用はないとみなす。〈平行論Parallelismus〉という用語はフェヒナーのころから用いられたが,哲学史上,平行論の立場をとったのはまず17世紀の機会原因論者である。彼らは物心二元論に立ち,物心対応の真の原因を神に帰した。…

【マールブランシュ】より

…彼の課題はデカルト哲学に拠りつつ新しいキリスト教哲学を樹立することにあった。代表的な機会原因論者で,物理現象であれ心身の相互作用であれ,世界のすべての事象の真の原因は神であり,その自然的原因はただ神の作用の機会となるにすぎないと考えたが,これはデカルトが理論的には不徹底のまま残した心身問題の整合的な解決をはかるとともに,また神の偉大を強調するものでもあった。彼はまた人間は〈万物を神において見る〉と考えた。…

※「機会原因論」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

機会原因論の関連キーワード世界精神宗教騎士団心血心骨神色精神科精神科学療法精神病理《楽器の精神と生成》《身体と精神との関係》

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone