コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マレース マレース Marées, Hans von

3件 の用語解説(マレースの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マレース
マレース
Marées, Hans von

[生]1837.12.24. エルバーフェルト
[没]1887.6.5. ローマ
ドイツの画家。 1853年にベルリン,55年にミュンヘンで学び,64年以降は主としてイタリアで活躍。スペインフランスなどを旅行し,73年にナポリの動物博物館図書館の壁画を制作。ポンペイの壁画や初期のルネサンス絵画の影響を受け,視覚的な「形」を追究した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

マレース

ドイツの画家。ブッパタール近郊のエルバーフェルト生れ。ベルリンで学んだのち各地を遊歴し,1875年以後ローマに定住,アンゼルム・フォイエルバハ〔1829-1880〕,ベックリンらとともに〈ドイツ・ローマ人〉と呼ばれる新古典派グループを形成した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マレース
まれーす
Hans von Mares
(1837―1887)

ドイツの画家。エルバーフェルトに生まれ、ベルリンおよびミュンヘンで修業し写実的作風から出発する。1864年レンバハと古画複写の仕事でイタリアへ赴き、66年以来、美学者フィードラーおよび彫刻家ヒルデブラントと親交を結ぶ。彼らの啓発と影響により神話を題材とする象徴的な作風に転じ、簡素で力強い形態把握によって独特の理想主義を打ち出した。70年ドイツに帰ったが、73年ふたたび出国、ナポリ、フィレンツェ、ローマに住んで同地で客死した。ナポリ動物学研究所の壁画『浜辺の漁夫』が代表作。ほかに『ディアナの水浴』『レンバハとの自画像』(ミュンヘン、ノイエ・ピナコテーク)などがある。[野村太郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マレースの関連キーワードルバートシルバーシルバーフォックスプールバーリボルバーURLバーメガシルバーロルバーンエルバーフェルトハンブルク=エルバーフェルト制度

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マレースの関連情報