コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マレ マレMalet, Claude-François de

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マレ
Malet, Claude-François de

[生]1754.6.28. フランシュコンテドール
[没]1812.10.29. パリ
フランス革命期の軍人。 1771年国王の銃士として仕え,革命が起るとこれを支持してドールの国民衛兵司令官となり,92年ライン方面軍を指揮。 99年少将となり,フランスに次いで 1805年以後イタリアに勤務したが,08年密輸の疑いで解任。このためパリ市内の不満分子糾合,逮捕されたが,10年釈放された。さらに 12年,ナポレオン1世がロシア遠征の留守中,陰謀を試みて失敗,銃殺刑に処せられた。

マレ
Male

モルジブ首都スリランカの南西約 675km,インド洋上に南北に連なるモルジブ諸島のほぼ中部,マレ環礁にある。モルジブの全人口の2割強をもつ,同国の政治,経済の中心で,ヤシ油,コプラ,ヤシ繊維の織物,干魚などを産するほか,貿易,観光の中心地でもある。近くのフルレ島に国際空港があり,スリランカ,インドと国営航空で結ばれる。人口 9万2555(2006)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

マレ(Male)

モルジブの首都。モルジブ諸島のほぼ中央、北マレ環礁の最南端のマレ島およびビリンギリ島からなる。同国の政治・経済の中心地。世界で最も人口密度が高い都市の一。観光業、漁業が盛ん。同国最大のモスクであるイスラミックセンター、イスラム教を布教した聖人バルベリを祭る墓地、国立博物館などがある。マーレ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

マレ

モルディブの首都。インド洋上に連なるモルディブ諸島中部のサンゴ礁島であるマレ島全域を占める。同国の観光産業の発展にともなって,急激にビル建設が進んだ。ココナッツ,果実を産し,漁業,海産物の集散も盛ん。
→関連項目モルディブ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

マレ【Male】

モルディブ共和国の首都。マレ島にある港湾都市。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

367日誕生日大事典の解説

マレ

生年月日:1754年6月28日
フランスの軍人
1812年没

マレ

生年月日:1927年12月20日
フランスの政治理論家
1973年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

マレの関連キーワードアルカン:全て短調による12の練習曲/piano solo無水マレイン酸(データノート)イブラヒム・ナシル国際空港シスマレイン酸(データノート)フィリピンヒヨケザルシスローヤルティ[諸島]ドゼー・ド・ベーグーマレイン酸ヒドラジドガーフアリフ環礁ガーフダール環礁マレ(モルジブ)ハーダール環礁シャビヤニ環礁無水マレイン酸ハーアリフ環礁ミズオオトカゲファーフ環礁マレ国際空港

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マレの関連情報