コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マレ マレ Malet, Claude-François de

5件 の用語解説(マレの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マレ
マレ
Malet, Claude-François de

[生]1754.6.28. フランシュコンテドール
[没]1812.10.29. パリ
フランス革命期の軍人。 1771年国王の銃士として仕え,革命が起るとこれを支持してドールの国民衛兵司令官となり,92年ライン方面軍を指揮。 99年少将となり,フランスに次いで 1805年以後イタリアに勤務したが,08年密輸の疑いで解任。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

マレ
マレ
Male

モルジブの首都。スリランカの南西約 675km,インド洋上に南北に連なるモルジブ諸島のほぼ中部,マレ環礁にある。モルジブの全人口の2割強をもつ,同国の政治,経済の中心で,ヤシ油,コプラ,ヤシ繊維の織物,干魚などを産するほか,貿易,観光の中心地でもある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

マレ(Male)

モルジブの首都。モルジブ諸島のほぼ中央、北マレ環礁の最南端のマレ島およびビリンギリ島からなる。同国の政治・経済の中心地。世界で最も人口密度が高い都市の一。観光業、漁業が盛ん。同国最大のモスクであるイスラミックセンター、イスラム教を布教した聖人バルベリを祭る墓地、国立博物館などがある。マーレ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

マレ

モルディブの首都。インド洋上に連なるモルディブ諸島中部のサンゴ礁島であるマレ島全域を占める。同国の観光産業の発展にともなって,急激にビル建設が進んだ。ココナッツ,果実を産し,漁業,海産物の集散も盛ん。
→関連項目モルディブ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

マレ【Male】

モルディブ共和国の首都。マレ島にある港湾都市。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マレの関連キーワードフランシュコンテ君主国シュコーデルシュコツィアン鍾乳洞フランケンシュタインの怒りフランケンシュタインの花嫁フランケンシュタインの復讐フランケンシュタインの復活ヤング・フランケンシュタイン『フランケンシュタイン』

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マレの関連情報