コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マンデル=フレミング・モデル Mundell-Flemming model

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マンデル=フレミング・モデル
Mundell-Flemming model

財政金融政策の効果に関して標準的なケインズ型のモデルを,海外との資本移動,為替レートの変化などを含めた開放型の経済にあてはめた理論。経済の理論は,それを国内だけで考えるか,海外との貿易・資本移動を考慮して考えるかで結論が違ってくる場合がある。これによると,金融政策は為替レートの変化によって効果が増幅され,財政政策の効果は,逆に為替レートによって相殺されることになる。これは金融政策の場合,金利を引上げると,それが投資を増やすのに加えて為替レートを低下させることにより輸出がふえるからである。財政政策の場合は財政支出をふやすと,金利が上がってレートが上昇し,輸出が減るので,財政支出増の効果が相殺されてしまう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

マンデル=フレミング・モデルの関連キーワード国際マクロ経済学マンデル

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android