コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マンドリル マンドリル Mandrillus sphinx; mandrill

7件 の用語解説(マンドリルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マンドリル
マンドリル
Mandrillus sphinx; mandrill

霊長目オナガザル科。雄は体長 90cm,体重約 20kgで,雌はそれより小型。尾はきわめて短く,背上にぴんと立っている。雄は鼻から口の周囲が赤く,また頬に6条の隆起があり,その凸部は青,凹部は紫赤色を呈する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

マンドリル

オナガザル科のサル。アフリカ熱帯雨林に暮らすが、近年は開発で生息域が狭められている。成長すると、鼻が赤く、目の下の顔面が青くなるのが特徴。

(2008-11-15 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

マンドリル(mandrill)

オナガザル科の哺乳類西アフリカに分布する森林性のヒヒで、体長は雄で約80センチ、雌は小形で、尾は短い。雄は成熟すると、鼻筋と口の周囲が紅色、ほおが青色、ほおとあごの毛は黄色になる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

マンドリル

霊長目オナガザル科。体長80cm,尾7cmほど,体はオリーブ色ないし褐色だが,成獣の雄の顔やしりだこは赤や青などがあざやか。雌ははるかに小さく,色もくすんでいる。
→関連項目ヒヒ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

マンドリル【mandrill】

霊長目オナガザル科ヒヒ属の旧世界ザルイラスト)。ドリルとともにマンドリル属として別属に分類されることもある。マンドリルは極彩色の奇怪な顔をしていることから,動物園の中でもよく目だつサルである。アフリカのカメルーンからガボンにかけて広がる熱帯多雨林の西側部分の,サナガ川以南の地域に生息する。マンドリルの雄は,頭部が大きく,しかも後半身に比べて前半身の発達が著しい。もっとも目だつ特徴は,顔面と性器周辺の彩色である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

マンドリル【mandrill】

オナガザル科の哺乳類。体は大きく頑丈で、頭胴長約80センチメートル、尾長7センチメートルほど。雄の顔には白・青・紫赤・赤色などの縞しま模様がある。体毛は黄褐色。中央アフリカ西部の熱帯雨林に分布。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マンドリル
まんどりる
mandrill
[学]Papio sphinx

哺乳(ほにゅう)綱霊長目オナガザル科の動物。カメルーンからコンゴにかけて分布する森林性のヒヒ。体毛が暗褐色で尾が短い点は雌雄共通であるが、その他の点では性差が著しい。雄は体長80センチメートル、体重20キログラムに達し、前躯(ぜんく)が発達、犬歯も長大である。成獣になると、鼻すじと口の周囲が真紅、鼻の両側に白と青の隆起が並び、性皮は紅紫色、頬(ほお)とあごの毛は黄色になる。雌の体格はずっと小さく、顔色も頬が青みを帯びているだけである。比較的標高の高い多雨林または山地林の林床で生活し、植物性食物を中心とする雑食で、小型の群れをつくる。やはり森林性のドリルP. leucophaeusとともに、マンドリル属Mandrillusとしてヒヒ属から独立させる考え方もある。[川中健二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のマンドリルの言及

【ヒヒ(狒々)】より

…バブーンともいう。エチオピア,ソマリアからアラビア半島にかけてのサバンナに生息するマントヒヒ(イラスト),マントヒヒよりもさらに高地の,エチオピア高原の荒地に生息するゲラダヒヒ(イラスト),コンゴ民主共和国西部からナイジェリアにかけての熱帯降雨林に生息するマンドリル(イラスト)およびドリル(イラスト),サハラ以南の広大な地域に生息するサバンナヒヒの4群に大別される。このうち,サバンナヒヒはキイロヒヒ,ギニアヒヒ,チャクマヒヒ,ドグエラヒヒの4亜種からなるが,これらを独立した4種として扱う場合もある。…

※「マンドリル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マンドリルの関連キーワードオナガザル旧世界ザルクロザルニホンザルマントヒヒ尾長猿手長猿サバンナヒヒシシバナザルヒヒ(狒々)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マンドリルの関連情報