コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マンボウ マンボウ Mola mola; ocean sunfish

4件 の用語解説(マンボウの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マンボウ
マンボウ
Mola mola; ocean sunfish

フグ目マンボウ科の海水魚。体は側扁し,卵形で後半が切れたように尾鰭がなく,背鰭と尻鰭が体の後端に上下対をなして張出している。全長 3mをこえ,ときに背鰭を海面から出して浮び,のんびりと泳ぐ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

マンボウ

マンボウ科の魚。地方名ウキギ,キナンボなど。全長3mに達する。体は側扁し,尾びれはひだ状に退化して舵びれと呼ばれる。世界中の暖海に分布,海面上に背びれを出してゆうゆうと泳ぐ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

マンボウ【ocean sunfish】

フグ目マンボウ科の海産魚(イラスト)。日本各地でマンボウというが,語源はわからない。ほとんど世界中の温帯から熱帯の海に分布する。体型が一般の魚とは著しく異なっていて,側方から見ると卵形を呈し,側扁している。腹びれはなく,背びれとしりびれは大きく体軸に対し垂直方向に長くのびていて,尾びれは退化してひだ状をなし,舵(かじ)びれと呼ばれる。一見,頭だけのようなので英語でheadfishともいう。皮膚はゴムのような感じで厚く,一面にこまかい歯状突起でおおわれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マンボウ
まんぼう / 翻車魚
[学]Mola mola

硬骨魚綱フグ目マンボウ科に属する海水魚。北海道以南の各地でみられ、世界中の温帯・熱帯域の海に分布する。体は強く側扁(そくへん)し、楕円(だえん)形を呈する。背びれと臀(しり)びれは、体の後方で対在する。真の尾びれはなく、舵(かじ)びれclavusがあるが、ほかの魚にある尾びれを支える骨はない。腹びれもない。両顎(りょうがく)の歯はそれぞれ癒合して嘴(くちばし)状となり、上顎と下顎にそれぞれ二枚の歯板がある。体の背側とひれは暗褐色、腹側は白い。体長は4メートル、体重は1トン半に達する。
 通常は外洋を単独で遊泳し、表層から水深360メートルの間に生息する。マンボウの昼寝といわれるように海面に横になって浮かんでいることもある。これは寄生虫を落とすためとか、病気で体調の悪いときであるとかいわれているが、単に休息しているだけという説もある。クラゲ類、小形の甲殻類などを食べる。胃の中からウナギ類のレプトセファルスが発見されたこともある。大量の卵を産むことで有名で、体長1.24メートルの雌が3億個の卵をもっていたという記録がある。著しい変態をすることで知られ、幼期には体は丸く、表面に多数の長い棘(とげ)があり、成長すると棘は退縮し、体高も低くなる。夏には日本沿岸の各地の定置網でかなり漁獲される。肉は白くて柔らかく、イカの肉に似て淡泊な味がする。[松浦啓一]

民俗

翻車魚、満方と書き、ウキキ(浮亀)、ウキギ(浮木)ともよばれた。この魚はときどき海面に昼寝をするように浮かぶが、このときのマンボウはなんの苦もなくとらえることができ、また美味なので、漁師はこれを発見すると大喜びして銛(もり)で突く。とくに房総(千葉県)や紀州(和歌山県)では、これを神が日ごろの労をねぎらって授けてくれたものとする言い伝えがあり、船上に一度引き揚げたマンボウを形を崩さないように皮をはいで肉をとり、ふたたび皮をつけて海面に返す。そうとは知らないほかの漁船が大喜びしてまた銛で突き、腹をたてることになるが、これは漁師のいたずらばかりではなく、かつては肉をとったあとに米を詰めて酒で清め、元の姿に戻したということから、神が与えてくれた魚という観念が生きていたのであろう。また紀州では、姿のままのマンボウを家へ持ち帰ると、異形の子供が生まれるという迷信もある。
 マンボウの肉はエビのように淡泊で、江戸時代の水戸藩では、とれるとかならず領主に献じたほど美味といわれ、肝油も薬として珍重された。[矢野憲一]
『矢野憲一著『魚の民俗』(1981・雄山閣出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マンボウの関連キーワードフグ中毒赤翻車魚ホキ翻車魚シズナシフグフグ(河豚)コモンフグサバフグ(鯖河豚)ヒガンフグ(彼岸河豚)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マンボウの関連情報