マーケットバスケット方式(読み)マーケットバスケットほうしき

精選版 日本国語大辞典の解説

マーケットバスケット‐ほうしき ‥ハウシキ【マーケットバスケット方式】

〘名〙 (マーケットバスケットはmarket basket) 生活に必要最低限の全消費物資の品目数量にそれらの購入価格をかけて、最低生活費算定する方法。一九二三年、イギリス労働党創案し、賃上げ要求の際の賃金水準の算定などに広く用いられるようになった。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

マーケットバスケット‐ほうしき〔‐ハウシキ〕【マーケットバスケット方式】

market basket method理論生計費算出のため、消費物資やサービスを物量で表示し、それで生活内容を示す方法。1923年にイギリス労働党が創案。日本では、賃上げ要求額を算定するために用いられた。全物量方式

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android