マーシャル諸島共和国(読み)マーシャルしょとうきょうわこく(英語表記)Republic of the Marshall Islands

世界大百科事典 第2版の解説

マーシャルしょとうきょうわこく【マーシャル諸島共和国 Republic of the Marshall Islands】

正式名称=マーシャル諸島共和国Republic of the Marshall Islands面積=181km2人口(1996)=5万9000人首都=マジュロMajuro島(日本との時差=+3時間)主要言語=マーシャル語,英語通貨=米ドルUS Dollar中部太平洋,ミクロネシア東部に位置するマーシャル諸島が1986年に独立したもの。34の環礁,サンゴ礁島からなる。互いに約150kmを隔てて南北にのびる二つの島列に分かれ,東側をラタック諸島Ratak Islands(〈日の出〉の意),西側をラリック諸島Ralik Islands(〈日没〉の意)と呼ぶ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のマーシャル諸島共和国の言及

【オセアニア】より


[独立の時代]
 1960年代後半,イギリス勢力がアジア太平洋地域から後退し,オーストラリア,ニュージーランドが地域中級国家として力をつけるなかで,宗主国側から主権を引き渡す形で,島々の独立が平和的に進んでいった。62年西サモア(現,サモア),68年ナウル共和国,70年トンガ王国,フィジー,75年パプア・ニューギニア,78年ソロモン諸島,ツバル,79年キリバス共和国,80年バヌアツ共和国,86年マーシャル諸島共和国,ミクロネシア連邦,94年パラオ共和国(ベラウ)の12ヵ国が誕生した。フランス領ニューカレドニア,フランス領ポリネシアはフランスの海外領土として準自治政府があるが,メラネシア人,ポリネシア人の間には独立志向が強くなり,新興島嶼国家からも対仏批判が激しくなっている。…

※「マーシャル諸島共和国」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マーシャル諸島共和国の関連情報