コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミサゴ Pandion haliaetus; western osprey

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミサゴ
Pandion haliaetus; western osprey

タカ目ミサゴ科。全長は雄 55cm,雌 64cm。頭部は白っぽく,黒褐色の過眼線があり,後頸以下の背面暗褐色。頸側と下面は白いが,胸や脇は淡褐色を帯びている。後頭に短い冠羽(→羽冠)がある。おもに魚食性で,海岸や大きな湖沼の上空を飛び,魚を見つけると停空飛翔をしてねらいを定め,急降下して足でつかみとる。趾(あしゆび)は前後に 2本ずつ向いて(対趾足),足裏にも突起があり,魚がしっかりつかめて滑りにくくなっている。極地を除いてほぼ全世界に分布する。日本にも留鳥として全国の海岸部に生息するが,北日本のものは冬季南へ移動する。ヨーロッパからアフリカへ渡った鳥は,孵化した翌年はその地で過ごし,2年目の春に繁殖地へ戻ることが知られている。土地開発などの影響で,近年減少している。(→タカ猛禽類

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ミサゴ

タカ科の鳥。魚類主食する大型のタカ。翼長48cm。背面は暗褐色,腹面は白く胸に褐色の斑紋がある。ユーラシア大陸の中部,東南アジアオーストラリア,アフリカ,北米中部等に広く分布繁殖。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミサゴ
みさご / 鶚
osprey
[学]Pandion haliaetus

鳥綱タカ目タカ科の鳥。極地を除いてほとんど世界中に分布し、日本でも全国的にみられる。全長約60センチメートルの猛禽(もうきん)で、翼は細長く尾は短い。体の上面は黒褐色、頭部と体の下面は白く、過眼線と胸は褐色である。海岸、湖沼、広い川などの近くにすみ、飛びながら水中の魚を探し、みつけると急降下して水中に突入して足でつかむ。魚をつかみやすいように、足指の鱗片(りんぺん)はとがっている。停空飛翔(ひしょう)をして獲物をねらう場合もある。とらえた魚を縦にしてつかんで運び、枝や岩に止まって食べる。高木や島の岩の上に大きな巣をつくり、2、3個の卵を産む。チッチッと細い声で鳴く。近年、農薬などの影響で繁殖率が低下し、数が減少しつつある。[高野伸二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ミサゴの関連キーワードポルト湾:ピアナのカランケ、ジロラッタ湾、スカンドラ保護区ロバート ホールドストックスカンドラ自然保護区ミサゴ(鶚)ハクトウワシオスプレイ磐鹿六鴈命有井諸九尼高野伸二フェザーウミワシ鶚・雎鳩覚賀の鳥タカ科文選読雎鳩関雎大島魚鷹鶚鮨

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ミサゴの関連情報