コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミズダコ ミズダコ Octopus dofleini; North Pacific giant octopus

4件 の用語解説(ミズダコの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミズダコ
ミズダコ
Octopus dofleini; North Pacific giant octopus

軟体動物門頭足綱マダコ科。世界最大のタコで,体長 3m,体重 30kgにもなる。胴は短い卵形で,体表に多くの小乳頭があり,眼の上後方には耳状の小突起がある。腕は第1腕が最も長く,第4腕が最も短いが,著しい差はない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ミズダコ

軟体動物マダコ科。現生のタコ類中最大。北太平洋一帯の深さ100〜200mの海底にすむ。胴長は40cmくらいだが,腕を含めると全長3〜5mに及ぶ。体色は紫を帯びた赤褐色で,周囲の色によって変化する。
→関連項目タコ(蛸/章魚)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

ミズダコ

 [Octopus dofleini].タコ目マダコ亜目マダコ属のタコ.食用にする.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ミズダコ
みずだこ / 水蛸
Pacific giant octopus
[学]Paroctopus dofleini

軟体動物門頭足綱マダコ科のタコ。本州の東北地方以北、北海道、千島を経てベーリング海から北アメリカ西岸にまで分布し、日本海にもすむ。最大の個体は体長3メートル、体重30キログラムに達する世界最大のタコである。外套(がいとう)膜は短紡錘形で、体表には小さい乳頭状突起が多い。皮膚には細かいしわが多く、目上に棘(とげ)状突起がある。腕長に差が少ない。傘膜が広く、肉質はしまっていない。左の第三腕が交接腕で、変形した部分は非常に長い。東北地方ないし北海道沖で、たこ箱や底引網で漁獲される。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミズダコの関連キーワード頭足類軟体動物マダコ水蛸面蛸軟体類イイダコ(飯蛸)イカ(烏賊)タコ(蛸∥章魚)ミズダコ(水蛸)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ミズダコの関連情報